奥利根・矢木沢川東メーグリ沢~宝川板幽沢下降

2009年9月5日~6日
L関、小池、稲葉

2009/09/05-06 奥利根:矢木沢川東メーグリ沢~宝川板幽沢

5日(土)晴れ
朝、水上駅に集合しタクシーで矢木沢川左岸の林道入口まで、林道を少し歩き堰堤先の河原で準備し10:25に入渓。しばらくは平凡な河原歩き、幽嵓沢出合で小滝が出てくる。泳ぎになりそうな淵の右岸を巻いて少し行くと東メーグリ沢の出合。
ここで釣師、次に山仕事のおじいさん(76歳)と出会う、このお方とても元気でL関さんと親しげに話してました。
東メーグリは出合いに2段4mの小滝を掛けているが貧弱な感じ、それでも天気は久しぶりの快晴で暑いくらい、この天気ならどんな沢でも楽しくいけます。最初は流れも細く巨岩のゴーロといった感じでイマイチだったが8m滝を右から巻くとトイ状3段10m、小粒ながらもナメ・ナメ滝が出てきて、いい感じになってきた。地形図では東メーグリとなっている二俣の上でお昼の大休止。今年初めてのような夏空の下でのんびりする。
右俣を少し行くと20mの大滝。水流沿いは中段までは行けそうだがその上が難しそうなので左のルンゼを登るくの字ラインを取る。最後は藪の中を小さく巻いて滝上にでた。少しのゴーロ地帯を過ぎるとまた5m前後の小滝、ナメ、8mナメ滝、8m垂直と続く、概ね登れたが2つの8m滝は右を巻いた。
15時頃から幕場を探し始める。ただあまり快適なところは無さそう。なので1290m付近、左岸支流が流れ込んでいるあたりの藪を整地する。しばし整地に励み大タープを張ると結構快適な幕場となった。
焚火場も確保でき、関さん・小池さんの手料理で楽しい宴会が始まる。でも自分の座っている所は流れのすぐ脇、下流側に足を滑らせると1.5m下にドボンで頭を冷やすのには良いが怪我は確実な所。軽い緊張感を持って飲んでたので500ぺットボトルのお酒が空にはなりませんでした。
6日(日)晴れ
L関さんの今回のメインテーマは宝川温泉に4時に入るということらしく、そこから逆算して朝7時に出発。今日もいい天気で暑いくらい。1330mの二俣を右に入り布引山を目指す。しばらくボサっぽい中を行くと右岸が草源で開けたいい感じになる。さらに行くと2段5m、ここは左から巻く。最後の二俣を左に入りしばし薮コギ。笹藪の稜線を越え少し下った所できれいな草原に出て大休止。ここで9時。林道に2時30分着、3時から1時間の林道歩きで宝川温泉に4時着というリーダーの目標は達成できそうです。
草原から藪っぽい中を板幽沢に下り始める。沢筋にでて少し下ると明るく開けてきて気持ちが良い。沢自体はしばらくは何もなく順調に降りていける。1300mの二俣を過ぎると2、3mの小滝やナメ床と少し変化が出てきた。
布引沢との二俣を過ぎると小滝・ナメ・ナメ滝が出てきて楽しい。途中で左岸の仕事道らしい所を発見したが暑いのでそのまま沢を下り始める。するときれいな幅広ナメ滝が現れる。幅10X長さ20mくらいか?傾斜は緩いので気持ち良く右側を降りるとナメの最後はスダレ状7mとなっていた。滝の右岸側をお助けでクライムダウン。こちらの沢も結構楽しめました。
そのあと、巨岩地帯、ゴーロ、ナメと下っていき林道の橋の下に2時過ぎに到着。予定より少し早かったのでノンビリと足元の履き替え・温泉準備となる。宝川温泉には4時15分前に到着。1000円になる4時まで待って、クマさんにお会いしたあと広々とした露天風呂に充分癒されました。
難し過ぎず、ナメ・草原もあり楽しいルートでした。逆コースで矢木沢に入り上部周遊とか上越側に抜けるのも良いかもしれない。
(記:稲葉)

<コースタイム>
9/5:矢木沢林道9:35~堰堤上入渓10:25~東メーグリ出合11:25/11:50~二俣12:55/13:30~泊場15:20
9/6:泊場7:00~布引山8:40~草原8:55/9:15~1300m付近11:00/11:20~林道14:05/14:45~宝川温泉15;45

<1/25,000地形図>
藤原、茂倉岳

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です