奥利根・楢俣川小楢俣川本流(洗ノ沢)

2009年9月13日
L守屋、増田、小池

前夜は藤原湖上流部の駐車場に泊。小雨。早朝5:00に起床し奈良俣ダムの車止めへ。本日は天気が回復するとの予報にもかかわらず、鬱陶しい曇天の下歩き始める。林道が大きくUターンする所から入渓。軌道跡を少し歩いて沢に降りる。

下流部はナメが所々出るものの、総じて平凡で特筆すべき点はない。なら茸を少々採取。1140mで右岸に支流を分けた辺りからナメと滝が続き始める。滝はいずれも斜瀑、ナメ滝、小滝でどれも快適に登れる。
地形図上の「洗」の字の左岸の支流を分けたところから長いナメが続く。結構続くナメに一同感嘆の声を上げる。この辺からようやく青空が時々顔を覗かせ始め、渓相も相まって気分が明るくなる。なおも斜瀑、小滝、幅広滝が続き快適。
沢が東から北寄りに向きを変え始める頃から再び平凡になり、ボサが被って後はずっとボサ&ゴーロ。最後は潅木と這松の藪を漕ぎ、烈風吹き荒ぶ笠ヶ岳頂上へ。高気圧の東縁にあたるらしく、強烈な北西風に時折バランスを崩しそうになる。
長居は無用と一路登山道を下山。いい道だ。地形図上の林道が上に伸びてきており、登山道は一度林道と合流した後、再び分かれて三叉路ゲートへ伸びている。早朝歩き始めて11時間半、車止めゲートに戻った。
(記:増田)

<コースタイム>
9月13日:車止め(5:45)~入渓点(6:30)~笠ヶ岳頂上(13:30)~車止め(17:15)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です