尾瀬・大行山(敗退)

2010年1月17日
L守屋、増田、関、山本
数年ぶりの大雪シーズン到来。大行山を目指したが、ラッセルもままならず敗退となった。
戸倉スキー場付近の硫黄沢が渡れず、林道を進む。林道にはトレースがあるがトレースを外すと膝下のラッセルとなる。橋を渡ったところでかすかなトレーも無くなる。これでは目指す尾根は膝上のラッセルで技術的な観点からも田の原経由にルートを変更。富士見下からの九十九折の斜面はやはり膝上のラッセル。田の原から大行山への尾根は強烈なラッセルになるのが明白であったが、このまま帰ってもしかたがないのでラッセル訓練と称して林道をしばらく行くことにした。
林道を分け田の原に来るとようやく尾瀬の内側に入っている気分になる。ここから尾根を登ってみるが斜度が出てくると簡単には許してはくれない。本格的な深雪ラッセルが初めての山本さんにも経験してもらったことで早々に下山とした。
(守屋記)
<コースタイム>

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください