上信・大高山

2010年1月31日
L守屋、増田、長南

2010/01/31 上信越:大高山

前日昼間から飲み会があり、集合場所の高坂に行く途中の記憶すらあまりない状態で集合。翌日の体調は絶不調でメンバーに多大なるご迷惑をおかけするも、好天と固く締まった雪という条件が重なり、挑戦3度目にしてようやく大高山のピークを踏むことができた。

開善学校の先に車を止めて歩き出すも、去年に比べて雪が少ない。道に雪がなくアスファルトが露出している。車止めから先でスキーを履いて歩き始めた。天気は薄曇り交じりの晴れ。気温が上がり、息も上がる。昨夜の酒が‥‥‥。
登山口からしばらくは急な登り。1559m下をミドノ沢側に回り込むようにトラバースし、再び尾根に戻って少し登ってから、ミドノ沢を目指してトラバースする。場所によってはガリガリのトラバースで、エッジに力が入る。
ミドノ沢はやはり快適だが、去年より雪が少ないので谷が深いように感じる。やがて天狗平の西の端に到達。風がなく、物音ひとつ聞こえない静寂。
天狗平の北側を回り込んで大高山への登りに入る。この高さまで来ても雪はよく締まっており、大したラッセルにはならない。酒は抜けたはずなのだが体調は戻らず、最後尾を二人よりずっと遅れて付いて行く。申し訳ないことに長南さん一人に先頭をさせてしまった。
それでも何とか大高山に到着。前方に草津白根、左の奥に浅間山が真っ白に雪を被っていおる。魚野川方向の眺めは樹林のためあまり良くない。早々に滑走準備に入る。
雪質は固い最中状態で、スキーが雪の中に埋まったままずれてくれず、非常に滑りにくい。私にとってはいつものことであるが、ギルランデとキックターンで下ることにする。五三郎小屋のある鞍部を目指したが、小屋を確認することはできなかった。
行きのトレースに従って戻り、ミドノ沢を快適に滑る。トラバースして戻った尾根は割と広く、前回は結構快適に滑ったはずだが、今日はキックターンばかり。最後の急傾斜はついにスキーを脱いでつぼ足で下る。つぼ足でもそれほど潜らない。林道を快適に滑って開善学校へ。(記:増田)

〈コースタイム〉
開善学校(7:30)~ミドノ沢源流入口(10:00)~天狗平(11:00)~大高山(12:00~12:30)~天狗平(13:30)~林道出合(15:30)~開善学校(15:45)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください