尾瀬・尾瀬ヶ原(柳平)

2010年3月20日~22日
L稲葉、増田、関

2010/03/20-22 尾瀬ヶ原

3月の3連休を利用して尾瀬から念願の平ヶ岳を狙おうという計画であったが、低気圧通過による悪天のためその夢は脆くも崩れ、1日停滞ののんびり山行となった。
前線を伴った低気圧が通過後、強い冬型となるという天気予報によって、平ヶ岳はほぼ無理であることを悟り、酒を少し多めに持っていく。

3月20日(土)晴れ
前週の守屋さんの報告から、戸倉の車止めからほどなくスキーが履けるものと思っていたが、今週除雪が入ったようで、津奈木橋までの半分はスキーを担いで歩くことになった。笠科川の水量はそれほど多くはなく、まだ雪解けはそれほど進んでいないようだ。途中からスキーを履いて汗をかきながら歩いていると、山開き準備と思しきスノーモービルが4台通り過ぎて行った。
津奈木橋から登りとなる。久しぶりの泊り山行で、山行自体もほぼひと月ぶりであり、次第に歩みがのろくなる。やっとの思いで鳩待峠に到着。先行者の1パーティーがテントを張っていた。しばし休憩。これから天気が崩れるとは思えない気持のよい快晴だ。
鳩待峠からシールを付けたまま滑り出す。山の鼻を過ぎ、尾瀬ヶ原の西の縁を北上する。左には目の前に至仏山、右には遠く燧ヶ岳の雄姿が見える。靴擦れの足を引き摺りながらようやく柳平の南の端に到着。猫又川の二俣辺りまで行くのかと思っていたが、リーダーのあんまり奥に入っても仕方がないとの英断により行動終了。15:30頃から飲み始める。
その夜、寝る頃にはまだ星が見えていたのだが、夜中にトイレに起きた時にはすでに星はなく、雪がちらほら舞っていた。その後何時ごろからかはわからないが、テントをたたく激しい雨音が朝まで続いた。どういうわけか私の寝ていたおしりの下が水溜りになっており、シュラフがびっしょり濡れて寒かった。
3月21日(日)雨のち晴れのち雪
雨はその後雪に変わったが、朝食を済ませたころには天気は回復し、薄日も差してきた。この時点では、これが疑似好天なのか、寒冷前線も通り過ぎてしまったのかはっきりせず、昼頃まで様子を見て天気が回復したようなら、近くの尾根を登ってみようということになった。とりあえず、猫又川に今宵の分の水を汲みに行く。ここで稲葉さんが落水。大したことはなかったが、靴の中がびしょ濡れになってしまった。
そんなこともあって、すっかりモチベーションの下がってしまったメンバーは、水汲みが終わると、靴&靴下の乾かし、シュラフの乾かし、昼寝と各自思い思いに時間を過ごす。そして私と稲葉さんは昼過ぎからちびりちびりと飲み始める。
昼過ぎから風が出始め、2時頃にはすっかりガスって雪が舞い始めた。やはり午前中は疑似好天だったようだ。夕方にはドラマ「不毛地帯」のエンディングシーンのような完全な悪天となった。恐れていたとおり、昼から飲み始めた酒は宵のうちにすっかり無くなり、早めに寝たものの、風で激しくゆすられるテントの音に、なかなか寝付かれなかった。
3月22日(月)曇りのち晴れ
翌朝はガスが掛かっているものの風は収まっていた。近くの尾根を登って滑ってみようかとか、帰りに山の鼻からメッケ田代経由で津奈木橋に滑り込もうかとか、いろいろ案は出たが、何となく気乗りがせず、まっすぐ往路を戻ることにした。
すっかり天気が回復し、快晴となった尾瀬ヶ原を山の鼻へ戻る。鳩待峠から津奈木橋までは快適な滑り。林道は昨日の雪を期待したが、やはり途中からはスキーを脱がざるを得なくなる。それでも稲葉さんは意地で最後までスキーで滑っていた。
平ヶ岳はお預けとなってしまったが、温暖前線の通過から疑似好天、寒冷前線の通過という一連の典型的な天候の変化を体験したことは貴重な経験となった。 (記:増田)
〈コースタイム〉
3月20日:戸倉(7:10)~津奈木橋(9:30)~鳩待峠(11:25)~山の鼻(13:00)~柳平(14:00)
3月20日:一日停滞
3月22日:テン場(8:35)~山の鼻(9:35)~鳩待峠(11:40~12:05)~津奈木橋(12:40)~戸倉(14:10)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください