奥利根・楢俣川矢種沢四ノ沢~東千ヶ倉沢上ノ俣沢中沢下降~同下ノ俣沢左沢~大石沢右俣右沢下降~同左岸支流~西桶小屋沢下降

2010年7月17日~19日
L増田、松之舎、小南、稲葉

2010/07/17-19奥利根:矢種沢~東千ヶ倉沢上ノ俣・下ノ俣~大石沢~西桶小屋沢

 プレ夏合宿。自分は日程の都合で夏合宿に参加できないが今回の山行に参加させてもらった。ルートは矢種沢を詰め尾根を越えて奥利根湖側の東千ヶ倉沢周遊して戻る、増田さん好みのなかなか渋いルートである。

前夜、ちょっとしたアクシデントに見舞われた松之舎さんを前橋駅で拾い水上駅で増田さん、コナンちゃんと合流。仮眠場所の湯檜曽駅に行くとなんか変だ?、暗い中よ~くみるとあったはずの駅舎がないのある。替わりにトイレだけついたコンクリートの通路だけ!味気ない。しかたないので土合駅に移動してみる。その土合駅は何時もと変わらず数組の先客がいるなか何時ものように軽く前夜祭。この駅は時の移り変わりを充分に感じさせてくれる所なのでしばらくはこのままであって欲しいと思う。

7月17日 晴れ、夕方雨
 朝、奈良俣ダム先の林道ゲートに向かい準備。この所続いた梅雨空も今日からの3連休で明けそうで上天気である。で、まずは長い楢俣林道。いつもの事ながら「うーん?」と思うが黙々と歩き狩小屋沢出合から楢俣川本流に降り立つ。自分はこのまま本流沿いに矢種沢出合まで行くのかと思っていたら、右岸沿いに山道があるとの事で辿っていく、この旧鉱山道?はこの先の尾根までは続いているらしいとの事です。道が矢種沢を横切るところでようやく入渓となる。この時点で11時、長いアプローチでした。
 矢種沢に入ると小さいながらもナメ床が続きいい感じ、一ノ沢を分けると小滝やナメが次々と現れ快適に越えていく、左岸に岩のブロックを積み重ねたような奇岩も出てきたり、楽しい。二ノ沢,三ノ沢を分け四ノ沢に入る。やがて水枯れしてスラブ帯、こじんまりとしたお花畑もあり癒される。最後は少しの藪を漕いでP1603とP1568の間のコルに出た。
 尾根上で15時過ぎ、奥利根側の東千ヶ倉上ノ俣沢中沢へ降りはじめる。少し行くと水流が出てきたがしばらくは平凡。左岸から支流を2本ほど合わせ、ウオータースライダー状の滝20mをツッパリを交え楽しく越えていく。が、雷鳴とともに雲行きが怪しくなってきた。なかなか良い幕場がないなーと思っていた18時頃、増田さんが左岸にちょっとした台地を見つけここで幕。タープを張り終えると雨が落ちてきた。焚き火がなく寂しいがコナンちゃんの手料理でそれなりに飲んで就寝。

18日 晴れ
 夕べの雨も夜中には上がり7時出発。と、すぐに倒木の橋渡り。。滑りそうだし朝一からイマイチだなーと気持ちが乗らないが、これが今日一日の序章でした。そして、少し行くと雪渓が見える。近づくと手前に滝(高さ不明)を掛けていて降りても雪渓の中が分からないので右岸の大高巻きとなった! はぁ、朝から疲れること。。そして次の10m、降りた先が右に屈曲してさらに滝を掛けてる様子。松之舎さんと降りてもその先が分からないので巻きかな? でも右岸は大岩壁になってるし尾根を越える大高巻きになりそうかなと話てたが、増田さんが行けそうと懸垂で一段下りて、屈曲の滝は左岸に上がり潅木伝いにクライムダウンしてこなす。そして少し行くと80m大滝の出現である。ここは30mダブルX2ピッチの懸垂、残り20mは左岸をクライムダウンで降りた。はぁ~、疲れた・・ でもこの大滝は水量も豊富で見ごたえがあり素晴らしい。もう終わりかなと思ったがもう一つ10m滝がありここも懸垂。この下でようやく開けた河原状になって一息つく。
 さらに下降を続ける。下ノ俣との二俣近くで大きな堰堤があり、右岸を巻くと古い道の跡らしくなっている。このあたりはダム建設の際の採石場があったらしくその名残かな? その道を辿ってみるがヤブがひどいので途中で沢に下りた。増田さんが下流を見にいくと二俣より下に来ているらしい。沢を戻り、二俣から下ノ俣沢に入る。と、雪渓出現、下をくぐれるので速足で通過。次は2条に落ちるきれいな滝10mくらいか、左を巻く。この後も8m、小滝、ナメ、15m、小ゴルジュ、2段10mと次々と現れ楽しい。二俣が近くなると雪渓。これもくぐれるがあまり気持ちいいものではない、が、雪渓は続いて出てくる。左沢手前の雪渓は出口に15mの滝をかけている。雪渓の中から登攀なんて自分は初めて、なかなかの光景ではあるが大変そう。増田さんが空身で滝の右手に取り付くが途中で更に右のルンゼ状にルートを取る。そこを抜けてかなり苦労しながらも落ち口にでた。次に松之舎さんが空身で同じルートを行くが屈曲したロープの流れが悪く登れないので一端戻り、滝のすぐ右手から登った。二人のザックを荷揚げ、続いて自分・コナンちゃんの順で登る。いろいろあってこの雪渓に入ってから全員が上に出るまで2時間くらいかかった。雪渓の中は寒かったです。滝上はテン場にちょど良いところで15時過ぎではあったが、リーダ・皆一致で泊ることにする。 後は焚き火の準備、タープ張り、夕方に雲行きが怪しくなり食事の際はタープの下。でもしばらくすると止んだので、焚き火の周りでお酒を飲む事ができました。楽しかった。

19日 晴れ
 昨日、予定よりかなり手前に泊ったので当初予定の上ノ俣沢へ乗越して矢種沢へ戻るルートはやめて、大石沢に乗越して西桶小屋沢を下る短縮ルートに変更。とリーダ判断で早出となる。朝6時過ぎに出発。今日はなにもないと良いな~などと期待したが、2~3mの小滝・ナメを越えていくと冷気に包まれたガスが漂ってくる。また雪渓ですか、暗く、出口が見えない! 気持ち悪いが皆に続いて抜けていく。そのあと雪渓が3つ続いてようやく終わり、源頭近くは右寄りにルートを取り大石沢への乗越へ出て右俣右沢の下降に入る。大石沢では倒木のある8m滝の懸垂1回、雪渓の残骸のブロック、概ねナメ床で良いのだが水量が少なく東千ヶ倉からは見劣りする。1020m付近から左岸枝沢に入り西桶小屋沢の乗越しへ、出合の少し上で4段の滝があり右から巻く。乗越しへ着くと至仏~笠ヶ岳辺りが見渡せなんか帰ってきたな~と感じいる。12時半頃、西桶小屋へ下り始める。だが、降りても降りてもボサがうるさい、ところどころナメ床はあるのだがイマイチだ。結局最後までボサ。楢俣川の出合に出てみると完全にバックウオーター湖面になっていた。去年は歩いて渡れたそうだが今年は水量が多い。結局湖面からの法面?を上流側にトラバース、最後は胸までの渡渉で楢俣林道に戻った。あとは林道を黙々と戻り16:10にゲート着。お疲れ様でした。
 プレ夏合宿の名目ではあったが、東千ヶ倉沢は雪渓を始めいろいろあって結構ハード!天気も良かったし充実の山行となりました。筋肉痛がちょっと心配かな。。 (記:稲葉)

<コースタイム>
7/17 ゲート7:30~狩小屋沢出合10:35~旧鉱山道~矢種沢出合10:55/11:15(入渓)~8m滝上12:00~co1240二俣13:10/13:35~稜線(P1603下のコル)15:15/15:30~上ノ俣沢(中沢)下降~泊場(18:00)
7/18 泊場7:00~co960付近河原9:35/10:00~東千ヶ倉沢二俣の下10:50/11:10~下ノ俣沢遡行~10m滝・小ゴルジュ上12:35/12:55~二俣雪渓入口13:15~雪渓出口10m滝上15:10‐泊場
7/19 泊場6:10~co1250二俣7:20~左岸尾根8:20~大石沢下降~co1025二俣10:45/11:10~co1240尾根12:20/12:35~西桶小屋沢下降~楢俣川出合14:05~楢俣林道東桶小屋沢出合14:20/14:45~ゲート16:25

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です