丹沢・葛葉川本谷

2010年7月31日
L関、小南、中井、朏、五十嵐

2010/07/31 丹沢:葛葉川本谷

 初めて行く沢ということで、いくつかの候補の中から葛葉川本谷になった。アプローチは5人なのでタクシーで葛葉の泉へ。葛葉の泉で地元のおじさんからヒル対策にとお弁当についているしょうゆをもらう。準備している草むらチェック!

 身支度を確認し、出発。トップは小南さんがつとめ、新人さんにロープを出すよう、関リーダーが指示を出す。お天気はいいはずだったが、なんだかどんより~。こんな暗い感じの沢だったかな。小滝を越えるとゴルジュの奥にF1。左壁を1段あがり、水流をまたぎながら華麗なムーブで小南さんがクリア。朏は結び目を支点を通すところで苦労していたが水流をこわがることなくクリア。中井さんも特に支障なくクリア。私はスタンスが見つからず、ちょっとあせりました。ジムに行っててもこんなもんです。(かなし・・)
板立ての滝は逆層でフットホールドも細かくむずかしい。小南さんはオリジナルルートでこれまた華麗にクリア。新人さんにはかなりむずかしかったと思うが、無事のぼりきりました。富士山形の滝で後続パーティがいなかったので、中井さんが懸垂の練習をする。2回目の練習のときに後続が追いつき、一般的なルートをふさいでしまっていたので弱ったなと思っていたところ、別ルートを開拓しながらあっという間に追い抜いていった。
 最後はけもの道を通って右岸の登山道へ出た。大倉までの下山で私の足はヘロヘロしてしまったが、若い二人はとても元気でした。大倉のバス停でヒルを発見!さわぎながらやっつける。電車なので大倉で軽く(?)祝杯を上げ帰京した。
(記:五十嵐)

<コースタイム>
省略(紛失のため)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です