上越・大源太川北沢本谷

2010年8月8日(日)
L斎藤、稲葉、山本

2010/08/08上越:太源太・北沢本谷

 自分は前夜発、朝発の斉藤さん山本さんと林道終点で合流してまずは登山道を歩き始める。6時発と早いが、朝5時頃に出ていたった先行パーティがあった。登山道が最初に沢を渡る橋から入渓する。沢はこじんまりした感じだが小滝が多くて渓相はいい。

 途中で登山道が沢を横切っているのを確認、ここまで登山道を来てもいいらしいが渓相がよかったので最初から入って少し得した気分になる。その後も小滝は続き、6mくらい3条に落ちている滝は左端の流れから登る。ほどなく左岸から七ツ小屋裏沢を合わて、小滝をいくつか越えていくとV字谷のような感じになってくる。良く記録に見る10mナメ滝はやはりいい感じの所で左を登った。
 しばらく行くと三俣。七ツ小屋沢の30m滝は豪快に落ちている。左の本谷は20m、ここで朝先行していったパーティが右のリッジを登っていたが、まだ慣れていないようでかなり難儀していた。で、斉藤さんの選択は真ん中を直登、空身で斉藤さんがリード、荷上げしながら自分、山本さんの順に登る。最初の数歩がいやらしかったが後は楽しく登れた。その後も小滝を越え、3段チムニー滝は左を巻く、スラブ滝を越えると源頭近くなるが明るく開けているので気持ち良い。詰めは左よりにとり稜線の登山道にでた。そこから大源太山はすぐで行くと登山者が多く賑わっていました。
 登山道を足早に降りて林道終点に出て終了。朝は3台だった車が10台位になっていて満車状態。沢に入っているパーティも少なからずあると思われた。今日は天気も晴れ・薄曇りと良く快適な沢登りでした。(記:稲葉)

<コースタイム>
林道終点(6:00)~入渓(6:15)~七ツ小屋裏沢出合(7:20)~三俣(8:30)~登山道(11:30)~大源太山頂(11:40)~林道終点(14:30)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です