南ア・尾白川黄蓮谷

2010/08/13 南ア:尾白川黄蓮谷右俣

2010年8月13日(金)~15日(日)
L五十嵐、松之舎、小南、関

8月13日(金)曇り時々晴れ
 前夜は中央線日野春駅の駐輪場の隅っこにテントを張らしてもらった。朝、予約していたタクシーで日向山の登山口のちょっと先のゲートまで行ってもらう。

ゲートで足ごしらえをして出発。以前来た時は、林道終点までとても遠かったイメージだったが、尾白川の河原まで1時間半弱だった。
 沢に降りてみると、直前に来ていた台風のせいか、どうも水量が多いようだ。歩き始めて最初の大きな釜を持った滝が出てきた。落ちる水量も多いし、釜の水が綺麗ではない。右岸のトラロープを使って巻く。その後の滝にもしっかりした巻道、トラロープがついていて、困難なく巻いていく。右が岩壁になってくると噴水滝だ。水量が多いのでそれなりに噴水になっているが、やはり水が美しくない。噴水滝のあと、釜をもった滝を2つほど越すとひたひたと歩けるナメになる。右から岩壁マークの枝沢が入り、本谷との二俣。右岸側の小さな台地はテントが張れそうだ。左の黄蓮谷に入り1時間ほど行くと右から坊主沢が出合い、千丈滝が現れる。坊主沢にも滝がかかっていて滝見物がてら休憩をとる。千丈滝は3段構成で、1、2段は登れそうだが今日は水量が多くて2段目は辛そうだ。結局全部巻くことにする。その上の10mも一緒に巻く。次の滝を右から巻く途中にガイドブック等にある「よい幕場」がある。しかし「素晴らしい!」ってほどでもなかった。まあまあ、かな。本日の天気予報では夕方に降りそうだったので結局ここに泊まることにした。テントは上の台地に、焚火は下の河原でした。結局この日は雨は降らずに、なかなかよい焚火ができた。松之舎シェフの美味しい晩ご飯にお酒が進んでしまった。

8月14日(土)曇り夕方雨
 今日は黄蓮谷をつめて本谷下降の予定なのに、朝からガスの中、気分が落ち込む。予報では晴れるはずなのに。出発するころにはガスはだいぶ上がったが太陽は出てこない。幕場からしばらく行くと坊主滝。ここは右のガレから巻いていく。次の二俣手間くらいからまたガスが下がってきた。   
 二俣を右に入り、3段15mは3段目の左壁を松之舎さんにリードしてもらった。本当ならそろそろ行く手に奥千丈滝が見えてくるのだろうが、次の滝さえ見えないガス…。奥千丈の始まりらしき滝は右から。次を越えたところから右岸の踏後をたどり始める。晴れていて暑ければ、水流沿いを行くことが出来るのだろうが、今日はガスで見えないし、ずっと濡れながら、あるいはシャワーで行ったら低体温症になりかねない。奥千丈の全貌も把握できず右岸を巻いた。途中地形図に出ないようなルンゼを越えるのに苦労しつつ沢床に戻って休憩。休憩しながら今後の行動を決める。本谷下降は無くなり、今日中につめあがって北沢峠に下る案も出たが、以前に来た時に泊まった幕場の滝が見えていたので、今日はそこに泊まり、明日つめて下山する案を提案。皆さんの賛同を得てすぐ上の幕場に泊まることとした。
 その幕場はテントを張るにはちょっと狭そうだったが、当会大手ゼネコンの小南建設が造成・整備を行い、焚火場も整えてくれた。テントを張り薪を集めたところで雨が降り出した。降ったり止んだりを繰り返し、焚火は出来ずじまいで、せっかく整地してくれた焚火場も使えず、集めた薪は岩陰に残置。小南建設はこの後はシェフとして活躍。美味しいおかずに、またしてもお酒が進み、持参のお酒は飲みきった。夜外に出てみると、下界の明かりが見えた。明日こそ快晴を期待して就寝。

8月13日(金)曇り時々晴れ
 朝テントから出てみると、薄らガスっている。朝のうちだけだろう、と気を取り直し出発。この先もちょっとした滝が出てきて、登ったり巻いたりする。滝ももう終わりかと思うころに二俣らしきが出てくるが、またしてもこのころからガスが濃くなり、先が見えずどちらに入るか悩む。一旦右に入り、そこから左につめていくことにした。水も涸れ、周りが見えないので足元の小さな花を見ながら気を紛らわせてひたすら登っていく。周りのブッシュが多くなってくると、登山客の鈴の音が聞こえてくる。もう少しと思っているとザレたところに出て、見上げると登山道の標識が見えた。甲斐駒ヶ岳山頂と駒ヶ岳神社奥社の中間鞍部だった。
 ザックを置いて山頂まで行ったが、やはりガスの中。期待した展望はまったくなし。前回もガスで真っ白だったので今度こそ!と思っていたが、またしてもガスガスだった。展望なしの山頂に長居をしても仕方ないのでさっさと戻る。ザックを置いた分岐に戻る途中、ちょっとした岩場の通過の順番待ちをしていたら、岩の上にチョコンとオコジョが出現!かわいい~。オコジョはすぐ藪の中に戻ってしまった。ザックを回収して下山開始。途中、摩利支天に寄り道して、あとはひたすら北沢峠に下りた。
(記:関)

<コースタイム>
8/13(金) 林道ゲート(7:00)~尾白川河原(8:20~8:50)~噴水滝(10:20~10:30)~本谷との二俣(11:35~12:10)~千丈滝(13:00~13:10)~BP(13:40)
8/14(土) BP(6:40)~二俣(7:30)~奥千丈滝上幕場(13:45)
8/15(日) BP(7:00)~登山道(9:40~9:55)~摩利支天分岐(10:20~摩利支天~10:50)~双児山(12:15)~北沢峠バス停(13:15)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です