奥利根:登川米子沢~奈良沢川上ゴトウジ沢下降~ブサノ裏沢

2010/09/25-26 奥利根:登川米子沢~奈良沢川上ゴトウジ沢下降~ブサノ裏沢

2010年9月25日(土)~26日(日)
L関、小南、稲葉

 以前から行ってみたいと思っていた米子沢とブサノ裏沢。夏にルートを繋ぎきれなかった稲葉さんを誘い、こなんちゃんも手を挙げてくれて3人で行けることができた。米子沢は残念ながらガスの中、大ナメの景色を楽しむことは出来なかったが、ブサノ裏沢ではお天気もよく、期待通り越後の沢の景観を楽しむことができた。今年は雪渓の残り具合が少ないようで、いずれの沢にもまったく残っていなかった。

9月25日(土)曇り
 前夜に桜坂の駐車場に着、軽く入山祝いをして就寝。翌朝、準備をしながら他の登山客をうかがうが、沢ヤはいないようだ。入渓者が多い米子沢も、紅葉シーズン前のいまいちなお天気の日はいないということか。駐車場の少し手前の左岸側の林道に入り、林道は右に曲がるが踏跡が下へと続く所へ入っていくと、最後の堰堤に出られる。時間にして15分程。入渓してしばらくはゴーロ歩き。滝が出てくるとゴルジュとなる。ここは右岸の巻道を行く。巻き終わると沢は開けて、登れる滝がいくつか続く。最低鞍部(風這い)への支流を分けてすぐにまたゴルジュとなる。ここは何の気なしに始めの滝を右岸から巻き始めたが、一度あがってしまうと降りられない。結局2つ目くらいの滝を過ぎたところで懸垂して沢床に戻った。その後の滝は、一見「登れないか」と思うが良く見ると行ける、または軽い巻で済む。このゴルジュは入口の滝から登ったほうがよさそうだ。ゴルジュを抜けるとまた沢は開けてナメ、ナメ滝が連続する。が、せっかくの米子沢なのにガスの中。大ナメもガスの中。残念。二俣手前の左岸の支流から国境稜線に上がる。この支流の最初の3mほどの滝はちょっといやらしい。上ゴトウジ側に乗越す頃にはガスがだいぶ少なくなり、奥利根湖が見える。そこで休憩後、上ゴトウジ沢の下降に入る。
 上ゴトウジ沢は概ね問題なく下れるが、上流に下るには少々いやらしい滝があったりお助けが必要な箇所があり、思ったより疲れる。1646mからの支流をあわせると傾斜も緩くなり問題なく下れる。出合手前の15m滝は過去の記録では右岸左岸どちらでも下っているが、位置的に滝の落ち口辺りからだと左岸の様子が分かりにくいので右岸から巻くことにする。少し上がるとちょっとした台地状となっていて導かれるように先へ進むと小さな窪にでてそこを懸垂で降りた。出合のすぐ手前だった。荷物を置いて巻いた滝を見に行く。下から見ると左岸の岩壁を回りこんですぐのルンゼから降りる、というのもアリなのかと思った。
 幕場は出合のちょっとしたスペースとした。一見狭そうだったが、イタドリなどを刈り取り、それを下に敷き詰め整地をすると、なかなか快適な幕場となった。ここでも当会大手建設会社「小南建設」が大活躍、下請けは「稲葉組」「セキ工業」。この日は台風通過の影響か、上流からの風が強く焚火にあたっていても寒い。仕方なく早々にテントにもぐり込む。

9月26日(日)晴れ

 朝も寒いので、焚火をつけたが結局テントの中で朝ごはんを食べる。予定通り7:00発。出てすぐにチョックストーンを越え小滝をいくつか巻く。しばらく行くと前方に大滝とその手前1401m手前の20m滝が見える。20m滝は左岸の草付き露岩帯を登り、上の樹林帯からトラバースして滝落ち口へ降りる。草付き露岩帯はこなんちゃんにロープを引いて行ってもらって後続はフィックスロープで登る。落ち口へのトラバースは最後降りる所がいやらしい。私が先行して行ったが、ちょっと危ない降り方だったと反省。1401mの二俣で休憩。このすぐ後の滝は右のチムニーから登ったが、その後が辛い。無理やりずり上がり、落ち口をいやらしいトラバースで抜ける。先を行った稲葉さんはスルスル行ってしまったが、ここはお助けを出すべきだ。出てくる滝をちょっとした緊張感をもって越えていくと大滝が出てくる。下段の取り付きが雪渓跡のドロドロで滑りそうでいやらしいが、その後は快適に登れる。上段もどうかなと思ったが左の草付き露岩帯から滝の落ち口へと斜上でき、問題なかった。大滝を越えてホッとしていると、登れなさそうな7mほどの滝が出てくる。滝のすぐ左の草付き泥壁をこなんちゃんが登り始めるが行き詰って降りてくる。右はいやらしそうな草付き。ここは少し戻って左のちょっとした窪から上の潅木帯に上がり、途中から潅木帯の境目のところを落ち口目指して斜めに降りる。最後の2~3mくらいは草だけ頼りにして降りる。ここでこなんちゃんが潅木帯のもっと上のほうに上がってしまい、歩き易かったため行き過ぎて、最後は降りられなくなってしまった。お助けを使ってロープを引き上げ、懸垂で降りてもらう。高巻きは上がり過ぎると良くない、ということを改めて実感した。この辺りからつめ上がる稜線が見えてくる。問題となる滝は無いが、だからと言って気を抜けない。もう滝はないだろうと思う頃は両岸は草原となっていた。振り返ると奥利根の山々が見渡せる。あとはひたすら稜線を目指すだけ。草原から低い笹薮へ入り、掻き分けていくと登山道に出た。眺めの良いところでゆっくり休憩し、下山を開始した。
 ブサノ裏沢は期待通りの良い沢だった。今回は雪渓がまったく残っていなかったのも幸いし、考えていたよりは苦労しなった。しかし越後の沢、それなりの技量は必要だし、巻けばいやらしい泥壁、草付き、露岩帯、決して「簡単」とは言えない。入渓者が多く巻道がついている米子沢でも、巻道がついているとは言え、気を抜けない箇所がいくつかある。ブサノ裏沢も、懸念の大滝手前20m滝や大滝の他も、数m~10mくらいの滝でも一歩に緊張するところがあるし、巻きも簡単ではない。それぐらいのレベルの沢を中堅3人で、3人それぞれが考えながら遡行できて良かったと思う。学ぶところも多かった。紅葉の時期には早かったがメンバーにも恵まれ楽しく遡行でき、私には「今年の沢」の1本となった。(記:関)

<コースタイム>
9/25(土) 駐車場(6:25)~最後の堰堤(6:40)~最低鞍部(Co1646)への沢出合(8:55~9:10)~二俣手前左岸支流出合(11:20)~稜線(11:55)~少し下って休憩(12:00~12:35)~Co1380の二俣(13:55~14:05)~ブサノ裏沢出合(BP)(15:35)
9/26(日) BP(7:00)~大滝上(10:30)~稜線(13:10~13:30)~駐車場(15:45)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です