谷川:足拍子川フトゴキ沢~経木沢(カブト沢)下降

2010/10/02上越:足拍子川・フトゴキ沢~経木沢(カブトの沢)下降

2010年10月2日
L斎藤、五十嵐

 夜明けとともに車を出発。最初は、数年前に足拍子本谷へ行ったときと同じ場所に車をおいたが、もっと奥まで入れそうなので斉藤さんが取りにもどる。新たに車をおいたところから経木の沢まで30分くらいだった。

 山道から藪を掻き分けてフトゴキ沢の最初の滝上に降りた。ゴルジュ状で寒い。最初は小滝が続くが微妙にすべり気がぬけない。8mトイ状の滝を手前右から入る枝沢を登り乗り越して巻くと川原状になり、少しほっとしたのもつかの間、左からコマノカミ沢が滝になって落ちている。フトゴキ沢は3段15mトイ状。右のバンドからホールドを拾いながら登るが、微妙にすべる。気を入れてないとはずれそうな足元に神経をすり減らしながら登る。ここで斉藤さんがすべって釜に落ち、ずぶぬれになってあがってきた。足の裏を打ったとのこと。少し様子を見たがこの時点では大丈夫そうだった。アクアステルスから念のため持ってきた沢足袋に履き替える。
 スラブ多段30mに見えた滝は大滝で、ガイドブックによると130mくらいあるらしい。右左登りやすいところ探しながら登るが微妙にすべる感じで緊張が続く。傾斜が急になり、1ピッチロープを出しようやく大滝を抜けた。さらに滝は続き、正面に10m2段幅広の滝、右から5m滝をもつ枝沢が入る広場で休憩。斉藤さんはぶつけた足がかなり腫れていて痛むとのことで、応急処置をする。エスケープを考えたがここからの下降は、懸垂支点は取れないためむずかしい。また尾根に逃げても厳しい藪こぎはさけられない。予定どおり詰め上げて、経木沢下降がもっとも安全と判断した。
 その上からまたゴルジュとなりむずかしいCS滝をびしょぬれになり越え(この時点で遡行図を書く余裕がなくなり放棄しました)、次のCS滝を残置で越え、チムニー状の6m滝をステミングで越え、更にCSをあぶみの架け替え人工で越える。その上の滝はさらに悪く、右のバンドから左岸の草つきに乗り込みがむずかしく大変だった。
 さらに滝は稜線直下まで続き、最後に藪を少しこいで稜線に出た。クロガネの頭をめざし進む。翌日の天気を考え夜間の行動を選択する。クロガネの頭で方向を定め、下降点へ向かう。下降点を確認し下降する。経木の沢は支流のカブトの沢と尾根ひとつはさんで同じ方向をむいているので注意しろと斉藤さんに言われたのだが、下降点ではへだてる尾根は下で分かれることを見落としカブトの沢に入ってしまった。幸いヘッドランプでも下降できたが、カブトの沢は滝が多く懸垂もあったため、時間がかかった。負傷した斉藤さんには、余計に痛い思いをさせてしまい申し訳なかった。さらにヘッドランプの接触が悪く、斉藤さんのスペアを借りて事なきを得た。肝心なときに凡ミスの連続で「何年、沢やってんの」と思うと情けなかった。
 フトゴキ沢はガイドブックに書いてあるように快適ではなく、緊張の連続でむずかしい沢であった。ふりかえると反省することが多かったが、とても内容の濃い山行だった。(記:五十嵐)

<コースタイム>
出発5:40~入渓6:30~稜線15:15~下降点16:00~林道22:10

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です