会越:破間川

2010年11月6日(土)~7日(日)
L増田、関、小南

 
 破間川をキノコ採りしながら遡行し、守門岳に登ろうという計画であったが、前日須原の旅館に電話で確認したところ、守門岳は雪とのこと。どうするか迷ったが、「キノコ採りがしたい」「沢で焚火がしたい」というメンバーの声に押されて、キノコ&焚火だけでもいいかと行くことにする。

前夜は「道の駅 入広瀬」に泊。天気は回復するという予報にもかかわらず、現地はまだ雨が降っていた。

11月6日(土) 晴れ
 五味沢まで来てみたがやはり山の上の方は雪が積もっている。沢も結構増水していて遡行は難儀しそうだ。やはり林道を歩いて適当なところで破間川に降りて焚火だな。
 五味沢~田代平の林道は両サイドが平らなところが多く、キノコがありそうだ。と思っていたが、平茸が少々採れた以外は何も収穫がなかった。途中で林道の工事中。聞けば本沢の道路に繋げるのだとか。なんでそんな道がいるのかね。
 田代平を散策して一つ上流の沢を下る予定であったが、成り行きで田代末端の沢を下ることになった。一か所10m位の滝がある他は特に何もない。ゆっくり下っても1時間半ほどで破間川に出た。渡渉点を選んで右岸に渡り、出合のすぐ対岸辺りを幕場とする。
 キノコは不漁だったが、とにかく焚火で酒が飲めればそれでいいのだ。酒もつまみもたっぷりある。それで幸せ。夜は満天の星空でかなり冷え込んだ。

11月7日(日) 晴れ
 帰りの渋滞が気になるので早めに出ようと思っていたが、なぜか9時前。どうしていつもこうなるのだろう。
 一つ上流の昨日下ろうと思っていた沢を遡行して八十里越に出ることにする。水はかなり引いており、昨日に比べて渡渉がうんと楽だ。遡行した枝沢は途中ナメがかなり出てきて、なかなか良い沢であった。出発して2時間ほどで八十里越に出合う。
 帰りの林道で先日赤石沢であった2人パーティーと出合う。どこを登ってこられたのだろう。地元のキノコ採りのおばあちゃんとも立ち話。今年のキノコはもう時期的に終りだとのこと。「あんたたちは、何が楽しくてわざわざ沢なんて登るのかね。」と本質的な問いかけを受けてしまった。(記:増田)

<コースタイム>
11/6 林道入口(8:45)~田代平(12:30)~破間川(15:00)
11/7 破間川(8:50)~八十里越(10:50)~田代平(11:20)~林道入口(13:20)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です