毒ヶ森:豊沢川小空滝沢

2010/11/06毒ヶ森・小空滝沢

2010年11月6日(土)
L長南、守屋、戸ヶ崎よ、五十嵐

前夜、鶴瀬PAで仮眠。
花巻南温泉郷あたりが紅葉がちょうど見ごろ。豊沢湖あたりまでくると葉を落としている木が多い。
今回の山行は、守屋さんが日曜に花巻で所用があり鉛温泉自炊部泊とキノコが採れそうな沢というお題だったので、3つばかり計画を立ててみたが、やはりナメコの実績のある小空滝沢ということになった。

中山1号トンネルの駐車場に車を止め旧道(中山街道)を歩く。あたりは黄葉のトンネルで林道だが歩いていて楽しい。
若干2名ほど斜面に入りキノコを探している。ここは帰りも通るのだからとなだめて先を急ぐ。旧道を歩き適当なところから桂沢に下降する。
降りたすぐからムキタケがあちこちに。キノコに夢中で地形図も見ずに大空滝沢との二俣と思い込み一本手前の沢に入ってしまった。小1時間のロス。ナメ滝を越え小空滝を右から巻くとブナ林の中を道路のような滑床が続く。このナメとブナの源頭は何度きてもたのしい。 中山街道に出て中山峠まで行ってみるが沢内方面は道型はあるが薮になっていた。
今回はムキタケとナメコ大漁。枯葉が敷き詰められた中山街道を大空滝を見物しながら下る。

翌日は雨。
結婚式に守屋さんを送ってから温泉場探索。
鶯宿温泉、繋温泉、台温泉、大沢温泉。
どの温泉も自炊できる宿あり。
(記:長南)

<コースタイム>
駐車場7:40-9:00桂川-10:50二俣-13:00中山街道?14:45駐車場

<1/25,000地形図>
鉛、須賀倉山

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です