那須:赤面山北東尾根

2011/01/29 那須:赤面山北東尾根

2011年1月29日(土)
L長南、増田、関、守屋

那須、三本槍から東に延びる尾根。マウントジーンズスキー場から中の大倉尾根は賑わっているが、前岳から赤面山への尾根は静かなようなので今回は赤面山の北東尾根をピストンしてみた。
この北東尾根ルートの山スキーでの記録は散見される程度だが、地元の白河山岳会が冬の季節、毎月のように通われているようで、ルート、積雪状況等、参考にさせていただいた。

前夜、上河内SAで仮眠。新甲子温泉から那須甲子少年自然の家まで上がる。駐車場に車を止め職員の方に赤面山へ登るので車を置かせて欲しい旨お願いすると、そういう人が多いのだろうか、帰りに日帰りの利用届のようなものを書いていってくれればと快諾してくださった。

自然の家の施設の裏から西の尾根に取りつこうと林道を行くと「第一スキー場」と看板のある原っぱに出た。木に衝突防止のオレンジ色の緩衝マットが巻かれていなければスキー場とは思わないところだが、BCスキー用のゲレンデなのだろうかリフトもロープ塔もない。そのゲレンデトップあたりに1番のツアー看板(この後いくつか出てくるが通しでは確認出来なかった)があり、そこからは地形図の登山道沿いに尾根に上がると1053m三角点に出る。ここは白河市街方面の素晴らしい展望台。ツアー看板の2があった。アップダウンを少々繰り返し登山道分岐に出る。阿武隈川と谷津田(やんた)川との狭い分水嶺を越え登山道から外れて阿武隈川支流右岸の尾根に取りつく。あたりはカラマツの植林地だ。
少々細めの尾根を登っていくと左の沢の源頭あたりで21番の看板があり、左の尾根に急登すると19番の看板があった。この先は雪庇ができていてギャップもあるので帰りの滑りは苦労しそうなところだ。このあたりからブナとミズナラになる。1400mを越えると広々としたブナ林が広がり気持ちがいい。雪は軽く足首上から膝下くらいのラッセル。滑りが楽しみになるような雰囲気。
谷津田川の源頭あたりは無木立でまわりはブナとダケカンバになった。源頭に腰をかけられるくらいの枝を張った大きなダケカンバがあった。気持ちのいいところなので大休止。少し先に9番のツアー看板があった。
そのまま南下して頂上から延びる尾根に乗ろうとしたが、これは失敗。標高があがるにつれ潅木に氷が張った表面に覆われるようになりスキーでは引っかかるし脱いでも潜るしで時間を食うだけであった。やはりここも風雪の強い那須連山の一角。西からの風を1600m前後からまともに受けるようだ。頂上付近もシュカブラ状態。いままではほぼ無風状態だったが、このあたりまで来るとやはり風も出てきたので頂上手前300mくらいで戻ることとした。

登ったルートはとても滑れないのでシールをつけたままルートを探しながら尾根の東側を回り込むように下る。東に延びる尾根に乗り1500mあたりから大きなダケカンバのあった谷津田川源頭方面にトラバース気味に下る。登りではわからなかったがこの回り込むルートだと滑り降りることができる。
大きなダケカンバのところでシールを外し滑りはじめる。良質なパウダー。ターンも問題なく決まる。樹林の間隔も広くものすごく快適だ。2箇所ほどある痩せ尾根の箇所を慎重に下ればカラマツの尾根から広々としたカラマツ林を登山道あたりに滑り込み分水嶺に出る。小さなアップダウンのある尾根には乗らずに、少々登り返し(シールなしで)トラバースして自然の家の駐車場まで滑り込んだ。

変化もあり植生も楽しく予想以上におもしろいルートだったので、帰りに新甲子から那須湯本までの元有料道路を他の登下降口を確認しながら那須湯本へ抜けた。那須湯本では自炊場の偵察を兼ねて「雲海閣」にはいる。日帰り入浴400円。鹿の湯と同じ源泉。調理場広し(元旅館だったのでその調理場がそのまま使われている)。建物の趣よろし。風呂よし。迷路のような廊下と長い階段も面白い。(記:長南)

<コースタイム>
那須甲子少年自然の家8:00~8:45(1053m)~11:30谷津田川源頭11:45~12:55(1680m折り返し地点)~13:30谷津田川源頭~15:30那須甲子少年自然の家

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です