丹沢:四十八瀬川ミズヒ沢

2011/5/21(土曜日)
L小南・岡田

温め続けた計画… しかし、四十八瀬川・ミズヒ沢はメジャーでもあるがマイナーなルートの為、会メンバーのお目には適わず… が、山菜山行時に事々天候に打ちのめされ続けた岡田君を誘い、私、初リーダーとしての山行を実行となった。

am8:20頃のいつもの時間帯に集合とし、私は新宿から岡田君は途中駅より乗車し一路渋沢駅。連休も過ぎ登山客は程々かしらと思いきや、山ガール&ボーイが…
連休時の混雑はないものの、バスはいつもの混み合った感じであった。
大倉バス停からは四十八瀬川方面への林道歩きはつきものであり、たわいのない話をしつつ、1時間とちょっとで二俣(勘七沢出合)に到着。出合より20分程で一番奥のミズヒ沢出合に到着。林道は広く歩きやすいのだが…一汗。堰堤手前で身支度をしam10:30山行開始となる。沢沿いの仕事道をほんの少し歩くとF1・大滝(25m)の姿が見えてくる、手前の2.5m小滝を越えF1の釜で先行者(単独)に追いつく。
単独での25m登攀なのか? と… 写真を撮ったり身支度したりで、なかなか動こうとしないので、我々はとっとと左岸よりの高巻を開始する。
ネットの記録等にも左岸より高巻とあるがガレガレのザレで落ち葉と砂地で足元不安定。
高巻の練習にはもってこいであるのだか、沢山行が初めての岡田君にはちっとおっかなびっくり。もちろん後者の技量を考慮し、慎重にゆっくりとルートを踏み固めつつ先行したのだが、バンザーイ!! の状態で斜面に張り付く岡田君… そのまま悲鳴とともに下へ滑り落ちることなく、体制を整え踏ん張り… 危険を感じたので即座にお助けロープ確保。
ザレを詰め上がり尾根筋に出る、程よい樹林になり木を手がかりとし乗り越す。
巻道には赤テープの目印があり、それに沿ってF1,F2と巻いていく。

沢筋に戻り一息つき先へと進む、沢筋は開けており日差しの差込も気持ちよくゴーロ歩きが続く、F3~F5までは2.5m級の程よい小滝のぼりで、なるべく沢床を歩き足ならしとする。
丹沢であるから、踏みあとが多数あるのでは?と考えていたがまったく無、先ほどの先行者もF1で合ったきり… 沢筋は蜘蛛の巣だらけで小枝が手放せない。
奥の三俣に到着し、個人的にメインと考えていたF6チョークストーン滝(2段・8m)登攀となる。しかし、F6は本沢筋にもかかわらず、まったく水の流れは無く跡形もなく消え、落ち葉だけが山のように体積していた。三俣の残りの支流&枝沢はいい感じの水量で不思議な感じがした。本当に本筋なのかと考えてしまう。

岡田君にビレーをお願いし樋状の1段目・3.5mに取り掛かる。岩の表面は乾いておりスタンスは細かいが足先は置きやすい状態で難なく登りきる。セルフをと… 残置でもと…
まったく何も無い岩肌であるため、ハーケンを打ち、確保システムを作り岡田君に登ってもらう。2段目・4.5mも樋状のところを登り、上部のチョークストーン2mx2mのわきを体をくねらせもがきつつ登る。こちらも残置等が見あたらず、セルフを幹にとりハーケンを打ち確保システムを作る。手間ではあるのだが、今シーズン初めのハーケン打ちの練習にもなったのでよいとしよう。F6登攀後、沢筋はダッダ広いゴーロが続き、水の流れが完全に消えてしまい、お涙ほどの湧水を見つけその場でお昼の休憩となる。休憩後ほどなくしてF7,8・2.0~3.0mと続くのだが、落ち葉の積葉をつぼ足になりながら足場を整え越えていく。詰め部に差し掛かり右側よりの枝沢にポタポタ程度の滴が目に留まり、若干の期待をしつつ枝沢に進路をすすめたのだがすぐさま枯れ、勾配のきついザレ場になり、後者のおぼつかない足取りを考慮し、尾根沿い樹林帯へのトラバースとなる。お助けロープは後者ハーネスにつけたまま尾根部を詰め上がったPm13:50。

登山道に出てから本来なら向かって左方向へと進まなければならないのだが、無意識に右方向へと進んでしまう。もうそろそろ鍋割山荘が見えるのではと考えつつ進んでいると、学生パーティー(6人)に呼び止められる、大倉尾根登山道ルートをお教えてほしいとのこと、意気揚々とエアリアマップを広げ話し込んでいると、どうもルートミスを犯したことに気づかされ、「えぇぇぇー」こっぱずかしい思いをしてしまう。
岡田くんは、登山道に出てから「なんでだろ…」と思いつつ私の後に続いていたらしく、「早く言ってよ!!」苦笑いの私の笑顔に苦笑いで・・・へへ。
大倉尾根へのルートを進む学生グループには、整備された登山道で茶店ではアイスやかき氷が買えるとの楽しい情報を耳打ちし、我々は一路鍋割山頂上へと引き返し進んでいく。
頂上付近はブナの植樹がされており、何とも気持ちのいい登山道で快適である。頂上の山荘の休憩場はにぎやかで、ハイキングを楽しむ方々。最近はやりの色鮮やかウェアー姿の
山ガール&ボーイ… しかし、ガチャ類を揺らしながら進む私も注目の的となる。
下山の登山道も樹木が生い茂り直射日光もさいぎられ快適である。
ミズヒ沢出合部にpm3:46頃到着し、勘七沢出合部で行水をし大倉バス停へ就い、バス停で反省会しほろ酔い気分で帰路へついた。

<コースタイム>
 ミズヒ沢(AM10:30)~ミズヒ沢・F6(PM12:00)~詰め上がり部(PM13:50) , 3h20m
 下降開始・鍋割山荘(PM14:30)~ミズヒ沢出合(PM15:46) , 1h16m
<地形図> 
 1/25000・大山

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です