飯豊:内ノ倉川七滝沢

2011/08/06~07飯豊:内ノ倉川・七滝沢

2011年8月6日(土)~7日(日)
L斎藤、増田

 
8月6日(土) 晴れ
 前夜は内ノ倉ダムのダムサイトにテント泊。早朝、ダム奥の入渓点に車を走らせる。車から降りた途端にアブの歓迎を受ける。林道を歩き始めるが、アブの数はますます増えていく。

七滝沢の出合で沢に下る。渡渉点を探して本流を渡渉し七滝沢に入渓。初めのうちはゴーロと淵の連続。しばらく歩いて沢が北に向きを変えるところに七滝が出現する。下からは3段目くらいまでしか見えない。ここは通例に習い左岸尾根の巻き道を辿る。登山道と見紛うばかりのずいぶんはっきりした巻き道だ。調子に乗って登り過ぎ、斎藤さんの指摘を受けて戻る。巻き道は途中沢を2度横断し、七滝の上に出た。七滝の全容を見ぬまま巻き終えてしまった悔いが残る。
 しばらくは平凡な流れだが、やがて前衛の10m、5m滝の上に130mと言われている連瀑が姿を現す。ここは右岸から高巻く。高巻きを終えてもまださらに上に2段60mの滝。これは直登できる。その上の18mも直登。晴天の夏の日、明るく開放的な滝を登るのは楽しい。これで一応核心部は終了。
 流れが次第に穏やかになり、沢が広がり、いいテン場ムード。左右岸から支流の合わさる十字峡の一段高い所にテン場を発見。まだ時間は早いが、この先のテン場は不明だし、今朝は早くから行動して疲れたので、ここを今宵の宿に決定する。焚火に火が点き明るいうちから飲み始める。暮れゆく空を見ながら焚火の傍で酒を飲むのは夏の沢の楽しみの一つだ。
8月7日(日) 晴れ
 核心部は昨日で終わったと思っていたが、上流部も中・小の滝がいっぱいあり、それなりに難しいところもあって楽しめる。随所で斎藤さんの助けを借りながら進む。1170mの二俣で本来行くべき沢の水量が極端に少ないことから迷う。その秘密は二俣上で取水堰を見て判明した。水量が少ないため、沢の流れの殆どが取水堰に取り込まれてしまっていた。この水はどこに行っているのだろう。その上も小滝が続き飽きさせない。
 流れはやがて窪状になり、最後は藪を少々漕いでピッタリ奥の院跡に飛び出した。下山途中の一王子小屋の所でタクシーを呼び、登山口である二王子神社からタクシーに乗り、内ノ倉ダムに車を回収に向かった。
<コースタイム>
8/6 内ノ倉ダム奥(6:00)~出合(7:00~7:20)~七滝上(9:50)~60m滝上(12:00~12:20)~
テン場(14:40)
8/7 テン場(6:30)~奥の院跡(11:00~11:20)~二王子神社(13:40)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です