八幡平:後生掛温泉〜国見台(往復)

2012年1月8日(日)
L増田、長南、関

雪は降ったり止んだりだが、ときおり薄日も射すまずまずの天気。いつものとおり後生掛温泉の裏口から出発。

前日にTKCの人たちが付けたトレースを辿る。トレースは途中から右に折れ、我々のいつものルートとは違うが、ラッセルするよりは楽かとそのまま進む。しばらく行っていつものルートに合流。しーんとしたブナ林の中を快適に歩く。前夜降り続いた雪のせいで途中からトレースが不明瞭になる。針葉樹のモンスターのある急傾斜を登り頂上に到着。後生掛温泉周辺やスキー場がよく見えるが、八幡平は今回も見えない。
頂上は寒いので、とっととシールをはずして下り始める。急傾斜でも途中で止まってしまうようなパウダーの深雪だったが、快適に滑って途中からいつものルートに変更し宿に到着。登り2時間半、下り1時間。我々も速くなったものだ。

<コースタイム>
1/8 後生掛温泉(9:30)〜国見台(12:00)〜後生掛温泉(13:00)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です