上州武尊山

2012年1月15日
守屋

西俣沢出合いに駐車し、林道を辿る。昨日らしきトレースあり、林道のどんずまりま
で行っている模様。西俣沢ピストンのようだ。

トレースを棄て、予定した大堰堤の先
の尾根に取り付く。尾根の中心のみブナを残しているので登りはまあ楽なほうだ。
1480m付近で主尾根に合流。西俣沢側は植林で、荒砥沢側は原生林。広くなだらかな
尾根を辿ると尾根は傾斜を増すにつれ狭まり、針葉樹が混ざってくるとラッセルも深
くなり薮も出てきた。1700mまで上がったところで打ち切り、シールを外した。
良く滑る雪で1480mまではあっと言う間だ。ここから林道までは樹間も狭まってくる
ので転ばないように慎重に下った。
もう少し雪は締まった時であれば上部のラッセルもはかどるであろう。
昨年と同様で今回も上州武尊は届かずじまい。膝と足の指がイマイチであったのでこ
れで良しとした。
時間:西俣沢出合い1000m地点7:10−1700m地点10:50ー西俣沢出合い11:30
(守屋 記)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です