神室:大鏑山(中退)


2012年2月18日L長南、増田・関

数年前に軍沢川を遡行して鉄砲平から林道跡にでたことがある。

いっきに川幅をもって流れ落ちる黒滝を越えると一転穏やかなブナ林の源頭が広がっていた。それが鉄砲平と呼ばれているところだった。
こういう地形をみるとどうしても雪に埋もれた時季に来てみたくなるのだな。
で、昨年計画してみた。折角だから大鏑山をめざし、鉄砲平に泊まってみたかったので一泊。それだと時間に余裕があるので鉄砲平から軍沢岳へのルートが開けるか偵察もしてみようという計画だった。
軍沢岳へは秋の宮側からは『東北の山スキー100ルート』で奥田氏が紹介されていてそれなりにメジャーなルートになっているようだ。
鉄砲平をBCに大鏑山と軍沢岳のふたつに登れれば完遂のこの計画、昨年は天候が悪く端から諦め自炊場&スキー場になってしまった。
今年こそはと気合いをいれたが、県境に近づくにつれ天気はどんどん悪くなる。トンネル手前の駐車場に着いたころには結構な降りになってしまった。
まぁ 行けるところまで行くか、と除雪の3mほどの雪壁をよじ登りブナの尾根に取り付く。数年前、沢の帰りに下降した沢を一度横断してショートカットと思ってい たがかなりの積雪で沢沿いの急斜面はやや危険。沢もところどころ流れがでている。朝はまだ気温が低いからいいが帰りには通りたくない状態だ。
安心に渡れるところから対岸の尾根に取り付く。だんだんとブナ林がいい雰囲気になってくる。予定していた尾根は細すぎ雪がつくとスキーではあがれないので鞍部めざして広くなった沢筋から県境まであがった。
ここから県境をアップダウンを繰り返しながら鉄砲平まで行くのだが、この天気では鉄砲平に入ったら出てくるのに苦労しそう。かつ下りの状況も悪くなるだろうし、ラッセルはいまでこそ膝下だがこのまま降れば平らな鉄砲平では悪戦苦闘しそうだ。
まぁ大鏑山も軍沢岳も無理だな。でもまあ、取り付きは確認できたのでよしとしよう。それにこのルート、滑りが楽しいのは県境からの下りだけだ。最近は気温が低いのでパウダーでブナ林を快適に滑り降りられたのでラッキーだった。
駐車場までもどると車がすでに雪で埋まっていた。鳴子までおりて、定宿の「まるみや」に電話をいれてスーパーに買出しにいったら、まるみやのご主人にばったりと会った。(記:長南)

<コースタイム>
駐車場10:55-13:10林道13:40-14:20駐車場

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です