男鹿山塊:三依山

2012年2月26日
L守屋

野岩鉄道沿いの山は未だ手付かずだったので手始めに三依山に登ってみた。
里に近い
会津の山は下部が植林で中ごろが2次林と相場は決まっている。カンジキ代わりにス
キーを使うことに割り切って登ってみた。
取り付け地点の確認に少々時間を要した。野岩鉄道のトンネル脇から尾根に上がっ
た。多くの人がここから登っているのであろう、取り付きは良く踏まれていた。
ちょっと登って雪が落ち着いてきたのでスキーを着けるが、予想通りの悪雪で疲れる
登りが続いた。
980m地点に上がるとようやく尾根が拡がり笹からも解放される。あたりはまだ2次
林。枯れたミズナラの大木がちらほら入ってくる。ここから緩い登りが始まって稜線
漫歩と言いたいところだが、風雪が吹き出してきたので単独でもあり先を急いだ。
小さなアップダウンをこなし、しっかりしたブナが目立つようになるとやがて三依山
に辿り着いた。山頂は樹氷がみごとだった。休みも早々にして往路を下山開始。予定
通りシールは着けたまま。980m地点からは4級の下りで山腹を大きなキックターンを
多用。悪雪処理にあけくれたが、ようやく取り付け地点に到着した。
このところ中途敗退が続いていたので、滑りはなくても久しぶりにスッキリした山行
となった。
『まるみ』は休みで、他のそば屋もあたったが皆休業。中三依の湯で聞くと、どこも
冬場は休業とのこと。温泉とそばの副題は叶わぬこととなった。

コースタイム:三依診療所7:40−11:05三依山11:15−三依診療所13:40
(守屋 記)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です