南会津:窓明山

2012年3月25日(日)
稲葉

最初の計画は休みを取って柄沢山〜宝川に抜ける縦走ルート、週末の天気が悪そうなので三岩からミチギノ沢泊りの一泊計画に変えてみた。それでも週末悪天傾向は変わらず。結局は計画縮小で日帰りで窓明山を目指すことにした。

前夜に高畑Pに入る。気にしていた冬型の割に朝は穏やか。小豆温泉に移動し三岩岳の夏道尾根を登り始める。これは先月と同じパターン、雪は締まっていて前より登りやすい。アンテナに付く頃から雪・ガスとなる。風がそれ程ないのが救いだが今日も1600m辺りまでかと諦めムードで尾根をたどる。1699ピークの手前で休みながらこの間と同じところを滑るかなどと考えていると、ガスの中にも晴れ間が覗いてきて三岩の稜線も見えかくれしてきた。このまま回復するかは??だが、とりあえず稜線まで行ってみることにする。稜線に出る頃には風も穏やかになり視界も良くなってきた。ちょっと迷ったが窓明山に向かうことにする。こ稜線、楽に行けるかと思っていたが甘かった。東側には大きな雪庇、これを避けて樹林に入ると風で出来た大きな凸凹、難儀・消耗しながら窓明山にたどり着く。
駒や大戸沢など最近の南会津の山行では途中で挫けるパターンが続いていたので久しぶりに山頂を踏むのは嬉しい。窓明山は初めて。会津や越後の山々も望めて気持ちいい。風が出てきたのと安越又側に雪庇が出ていたので端を伝って一段降りて一休み。ここから家向山の手前コルまで良さげな斜面で楽しみにしていたのだが、滑る準備をして顔をあげたら急速に雪・ガスに包まれてしまう。えーそんな、どうしてこうなるの? しかたないのが尾根を外さないように方向を定めて滑り始める。斜面は良いが視界が悪く確認しながらなので滑り満喫とは言えないが、そこそこ楽しめた。コルまで20分位でついて一安心。
後は尾根を外さないように降りれば問題ないはずだったが尾根上の雪庇を気にして滑っているうちに2回枝尾根に入ってしまった。2回目(1,000m付近のやせ尾根)ではスキーを担いで登り返し、雪の状態が悪くそのままツボで降りPM4:30頃に国道に出て終了。久しぶりの10時間行動、なまった体には厳しめのトレーニングになりました。

後で天気図を見たら10時〜13時ごろは小さな二つ玉低気圧が本州を通過していた頃のようで疑似好天の合間に稜線を辿っていたようです。結果オーライですがあと10分20分ずれて窓明山ののっぺりした山頂でガスに包まれていたら、雪庇を避けて降りるべき尾根に出れたかどうか?危ない所でした。(記:稲葉)

時間 国道6:30〜稜線11:00〜窓明山13:00〜家向山手前コル13:20〜国道16:30

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です