蔵王:番城山


山域: 蔵王:番城山(P1096まで)
日程: 3月25日
参加者: L守屋、長南、関

冬型気圧配置で番城山日帰りに転進したものの、悪雪と尾根のUP・DOWNで中途で引き

返した。下山して近くのそば屋に入ると外は吹雪になっていた。また夕方郡山付近の

高速道路で雪が突然地表から吹き付けてきた。早めの下山で良としよう。

滑津集落からがまんして900m地点まで上がるとようやく原生林の世界に入る。南

尾根の・1096mで次の状況勘案:�寒気が入ってくること�雪質が難しく下山に時間

を要すること�番城山1323mまで高度差はないが、UP・DOWNがあり時間がかかるこ

と、引き返すことにした。

尾根が狭くなる下部は予想したとおり、重いグサレ雪に変わっていた。長南さんと関

さんは板で下山。守屋は途中からツボで降りた。

当初は不望岳から番城山に繋げるルートを第一と考えていたが、番城山を中心にルー

トを探ってみても面白いと思った。

ブナの彷徨が楽しめそうである。

時間  滑津集落7:45−・1096m地点10:45−滑津集落13:15

(守屋 記)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です