日光:女峰山


日程:2012年3月30日(金)
ルート:日光・二荒山神社〜女峰山(中退)
参加者:大塚

日光駅から女峰山まで標高差約1900mを日帰りで登降する・・・とういう計画でした
が、竜巻山(P2224)の少し先まで登ったところで時間切れのため中退しました。
まずは宇都宮駅でアクシデント発生。宇都宮線から日光線に乗換える際に宇都宮線の
列車のトイレにウエストバックを置き忘れてしまう。急いで取りに戻り日光線へ乗換
えるべく駅構内をダッシュするが、僅か30秒の差で予定の列車に乗り遅れてしまう。
次発は40分後、痛いタイムロス。
遅れを取り戻すべく日光駅からタクシーに乗って4km程のアプローチを短縮する。
運転手さんの話しだと、二荒山神社より滝尾神社側から入った方が少しだけ早いとい
うことなので滝尾神社側より入山。
雪は標高1000m辺りから出てくるが、おそらく先週末のものと思われる単独行者のト
レースがあり使わせてもらう。快調に飛ばし標高1913mの黒岩までは夏道コースタイ
ムで到達。
しかしトレースはここまでで竜巻山への登りはワカンを履いてのラッセルとなる。標
高2000m辺りからは雪量も多くなり、湿った重い雪に苦戦を強いられ一気にペースダ
ウン、竜巻山に到着したのは14時前。この時点で女峰山のピークを踏むのは半ば諦め
だったが、せめて展望の良いところまで行きたいので前女峰の小鞍部へ下る手前まで
行く。ここからは女峰山までの行く手が良く見渡せ、唐沢小屋までのトラバースと山
頂直下の急登をこなすには少なくとも往復2時間以上はかかるであろうことが分か
る。
目の前の女峰山は雪を頂きなかなかアルペンチックで魅力的。ここで引き返すのは何
だか悔しく、ヘッデン下山?あるいはワンビバークして登るか?
そんなヨコシマな気持ちがかすかに頭をよぎったが、自分の脚力不足を謙虚に受け止
め引き返すこととした。
再挑戦するとしたら前夜に日光駅ステビかな。

滝尾神社(8:40)〜黒岩(12:00)〜竜巻山(13:50)〜引き返し地点(14:20)〜二荒山神社
(17:50)〜日光駅(18:40)

大塚

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です