丹沢:葛葉川本谷〜新茅ノ沢下降


ルート:丹沢・葛葉川本谷〜新茅ノ沢下降

期日:55()

参加者:L佐藤、大塚

 

シーズン初の山行で、体力確認の意味もあって、今回のルートを選ぶ。4月から3度目にしてやっと天気に恵まれ、まずまずの山行となった。

葛葉本谷は4度目だが飽きのこない沢登りが楽しめる。その上、昨日までの雨で水量が多く、一層楽しめた。しかし、オフシーズンの運動不足のためか、足がつってマッサージしながらの遡行で、大塚さんに迷惑を掛けてしまった。それでも実働<fon! T face=Century>3時間程度。三ノ塔からは富士山や大島が見え、なかなかの景色だった。

鳥尾山から少し下ってから新茅ノ沢に入る。初からガレで、大滝あたりから渓相がまとまる。大滝(F5)はトップロープで直登する予定だったが、水量が多く迫力があり過ぎ、無理だった。F5からわずかでゴルジュになると、新茅橋が見えた。下降でも足がつって時間が掛かったが、2時間弱。

なお、橋で履き替えようとしたら、大塚さんにヒルが着いていた。

若いハイカーも多く、混雑雑する大倉で恒例の大生の乾杯で終了。あー疲れた。

(.佐藤)

<コースタイム >

菩提バス停(8:20) 葛葉の泉(9:00~9:35) 林道上(10:45) 富士型の滝(11:00~11:25) 水が枯れる所(11:50~12:30) 登山道(12:55)  三ノ塔(13:10) 鳥尾山(13:30~13:50)  新茅橋(15:40) 大倉(16:30)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です