朝日:根子川入りソウカ沢


ルート:朝日連峰・根子川入りソウカ沢
日程:2012年9月1日〜2日
メンバー:L.吉原(記)・長南・大塚・佐藤(琢)

 なかなか朝日まで1泊二日で出かけるのは辛いものだが、その辛さを払拭する余りあるほど入りソウカ沢は期待を裏切らなかった。
9月1日(晴れ時々曇)
 20時30分からの長躯の夜間ドライブをこなし温泉前で仮眠、夜明けと同時に入山口である日暮沢小屋への林道を進む。災害復旧工事のため日暮沢小屋手前約2kmの砂防ダムにて車両通行止めとなり本山行のスタートとなる。曇天の中でのスタートではあったが林道歩きでは丁度良い、雲の合間には青空が望むこともできる。林道終点から登山道を僅かに辿り竜門滝の先で根子川の本流に下りる。根子川は下流部から岩盤の沢床あり、落差は小さいものの本流らしい滝ありと飽きることなく楽しませてくれ、他のメンバーが目を輝かせる泳ぎ、わざわざ小さく巻かない際どいへつりなどそれぞれの楽しみ方で沢を楽しむ。その中でも横松沢出合下の2条3連滝は豪快かつ立派です。本日の泊まり予定地の柴倉沢出合には昼前に到着してしまったため、大休止の後先へ進むこことする。渓相はやや単調な河原も混じるようになるが相変わらず10mクラスの立派な滝も現れロープを使用する。ダンブチ沢先の狭いゴルジュはわざわざとも思えなくもないが、あえてゴルジュ内の遡行を楽しむ。簡単に巻くことが出来るゴルジュではあるが、そこに遊びを求める、それこそが「沢登りの醍醐味」自由度の大きさである。通過できるかわからないこの緊張感と、疲れた体を奮い立たせるアドレナリンの沸き立ちがたまらない!・・・と思うのは、私だけではないようです。その証拠に、みなの目がぎらぎらと輝いていました。ゴルジュを抜けると沢は開け、側壁は緩いV字状ではあるが流れは平凡でただ歩くだけである。明日の行程を考えても十分な行程を稼いでいるので、増水に耐えられる良い泊り場はないもののやや開けた場所を選んで幕場造成する。小さいながらも煮炊きには充分な焚き火で夜を向かえ琢磨さん創作料理でみなお腹いっぱい、至福のひとときとなる。と思っているうちにいつの間にかZzzz・・・。気がつけば長南さんも大塚さんもツェルトの中、薪も寂しいので仕方なく私もツェルトの中の人となる。夜半、ツェルトを通してもはっきり見える満月が美しかった。
9月2日(ガス後曇)
 幕場の上は崩れた雪のブロックが林立、ある意味迫力がある眺めである。沢が左折、右折すると登る事のできる小滝が連続するようになり、それを抜けるとゆるゆると流れる源頭の草原地帯に突入する。晴れていればさぞ綺麗な処であろうことを想像できる。チングルマなど初夏の花こそ盛りを過ぎてはいるものの、夏の花は今が盛りでした。沢の源頭は金玉水の雪田、冷たい寒露で喉を潤してペットボトルに水を汲む。登山道に出ればあとは三々五々、個人個人のペースで登山道を下る。古寺山で朝日の稜線を繰り返るもガスの中、暑さが身にしみるようになった登山道をただただ下るのみ。竜門滝でしばしのクールダウンをした後、真昼の暑い林道をトボトボと車を目指し歩く。長躯の車の運転と、思い思いに夏の沢を楽しむ同行者に感謝したい。
<コースタイム>
9月1日 林道工事ゲート(7時)〜根子ノ三沢出合(8時)〜柴倉沢出合()〜1300m付近(15時30分)
9月2日 幕場(7時)〜金玉水(8時)〜大朝日岳(8時30分〜50分)〜古寺山〜林道工事ゲート(12時40分)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です