御神楽岳:室谷川大蕎麦谷沢左俣


ルート:南会津・御神楽岳 室谷川 大蕎麦谷沢左俣
日程:2012年9月15日〜16日
メンバー:L.吉原(記)、大塚

 昨年晩秋の御神楽岳のスラブ登りに引き続きの再訪、長年温めてきた大蕎麦谷沢に同行者を得る。磐越西線と言うアプローチの悪さから通常は3日間必要であるが、飯豊に向かう山仲間の車に同乗させてもらい夜の津川駅に到着。朝一番のバスにて入山、林道から左岸の山道を少し辿り大蕎麦谷沢に下る。身支度をして数歩いきなりの泳ぎで目を覚まさせられる。それでも水の温かさと強い陽射しに楽しい領域で楽しむ事が出来る。地図で見ると大規模なゴルジュが続く様に見えるが、ちょっと飽きるゴロジュが続く。下部の中間部を過ぎるとやっとナメ小滝が現れるようになり沢らしくなる。渓の行く手に雨乞峰に続くスラブが眺められるようになると二俣下の連瀑、いよいよ核心部のスタートです。左岸露岩帯の一筋の薮を1ピッチで二俣へ、流れは細くなるが狭いゴルジュにトイ状の滝が連続する。暖かさ故に果敢なシャワークライム、3つめの右がえぐれたトイ状滝は左岸のスラブから巻く。「ハーケンが効かないなぁ〜」とスラブの草を払っているとリングボルト発見!誰しも考えることは同じだと関心。側壁スラブに右上気味にロープを伸ばし滝頭のリングボルトから沢身に戻る。ショルダーや際どいへつりで小滝を越すとしばらく見えなかった源頭のスラブが眺められる河原となる。時間的には早かったが地図上ではそろそろ幕場、それでも踏ん切り悪く続く10m滝を左岸草付から巻き始める。が滝上で上部を眺めこの日の行動終了を決める。ザイルをフィックスし50m程下った右岸の台地を幕場とする。河原で焚き火をスタート、と思っているとピッカ!ザー!と無情の雨、いったん退避するもすぐに止む。米炊きすると前にも増して激しい雷雨!周りのスラブがナメ滝のスダレのオンパレードとなる。そんな中でも大塚さんの粘りで米炊き完了しその熱意に押されてか?雷雨もすぐに止み青空が広がってきた。そのあとは優しい夕焼け、満天の星空と素晴らしい夜の劇場の幕開けとなる。風も心地よくたなびく程度で虫もいない、今年最高の夜を堪能できる。
9月16日
 今日も抜けるような青空の中のスタート、晴れることは嬉しい事だが昼の灼熱地獄の予感・・・。昨日のフィックスから流れに戻り小滝を越えていく、チョックストーン3連滝先で右折するゴルジュに掛かる滝は左岸スラブから巻き短い懸垂で戻る。悪そうに見える滝にも意外なラインがありひとつひとつ滝を越えてゆく楽しさが嬉しい。奥の二俣下で流れが左折する箇所に登れない滝があり左岸草付スラブ1P半で右俣、そのまま左俣へスラブを半ピッチ横切ると小滝が連続する流れに戻ることが出来る。周りのスラブは既にフライパン状態、唯一日陰が今辿っているルンゼである。急激に高度を上げる小滝の連続に息を切らせながら対応していると背後には飯豊の山並みが眺められるようになり、少しの薮こぎで登山道に飛び出す。雨乞峰を経て御神楽本峰へ、頂上で心地よく吹き上げる御神楽沢から風に体を冷しながら飯豊はもとより平ヶ岳や越後駒、毛猛、浅草と眺望を楽しむ。そして何と言っても矢筈岳、粟ヶ岳の立派な山容に感動させたれ早出川、仙見川への思いが増す。湯沢の頭下のスラブを一通り眺めてから大森から室谷へと続く登山道を下る。標高の低い猛暑の下山ではあったが、山腹のブナ木立を下って行く道は意外なほど快適であった。本山行最後の難題である駅への道のりは登山口でのヒッチに成功、炎天下の車道歩き+バス待が送迎つきの御神楽温泉+夕食+快適仮眠となり暖かい親切に感謝です。終バスに乗って津川駅へ、途中六日町駅泊を含めながらも各駅停車を乗り継いで帰京する。
 会津の名峰「御神楽」、やっぱり期待を裏切らない素敵な山、素敵な沢でした。遠路同行してくれたパートナーに感謝です。
<コースタイム>
9月15日 栃山(7:00)〜入渓(7:30)〜二俣(12:00)〜泊場(14:20)
9月16日 幕場(6:20)〜御神楽岳(12:40-13:20)〜室谷側登山口(15:00)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です