奥鬼怒:鬼怒川赤岩沢~魚沢下降


2012年9月22日~23日 L稲葉、佐藤(琢)

前夜遅く女夫淵温泉Pに着き、仮眠。

22日 天気:曇りたまに晴れ間
日帰りも可能らしいので、のんびりと8時頃出発。1時間ほど林道を歩き本流堰堤のバックウオータあたりが赤岩沢の出合。赤岩沢に入るとすぐに巨大な堰堤が出現。異様な大きさに何もここまでしなくてもと思うが..入渓してしばらくは伏流とゴーロ。それが終わると赤岩の大滝。登る気はまったくなかったが中段から見た感じで行けそうな気がして少し登ってみるが、落ち口あたりが悪そうなのでやっぱり右岸を巻く。その後はナメが結構出てきて良い感じとなる。2つ目の大滝は倒木が掛かった2段50m。登れそうもないので少し戻り右の枝沢から巻く。いい幕場があればと探しながら詰めるが結局見つからず黒沼田代に出た。詰めが湿原というのは気持ちが良いがやはり幕場は見つからない。しかたないので魚沢を下り1900mあたりで幕とした。湿ったマキに苦労しながらも焚火が出来てよかった。
23日 天気:雨
朝は小雨、魚沢を下る。少し下ると三俣になりその先はナメが続くようになる。雨の中でもナメがあれば多少は癒される。時々10mくらいの滝が現れ懸垂を3回くらい。この沢はナメ床が主体でナメ、滝、ナメと変化があり楽しみながら下れる。終盤のミニゴルジュは濡れそうだったがツッパリ交えて水線通しに降りられた。最後はきれいなすだれ状の美滝20mくらいも出てきて赤岩沢よりずっと良いねとタクマちゃんと話ながら下る。雨だったのもあるがテン場から林道に出るまで一度も休まずに降りてきてしまった。
天気はバッとしなかったけれど思った以上に楽しめた。次は魚沢を登る逆コースも辿ってみようかなとも思う。タクマちゃんお疲れ様でした。
(記:稲葉)
コースタイム
22日 女夫淵温泉P(8:00)~赤岩沢堰堤上(9:15-30)~黒沼田代(12:40)~テン場(13;15)
23日 テン場(8:10)~黒沢出合(11:40)~女夫淵温泉P(12:20頃)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です