奥利根:湯の小屋〜笠ヶ岳

2013/3/16-17 奥 利根:湯の小屋〜笠ヶ岳

日程:2013年3月16日〜17日
ルート:奥利根:湯の小屋〜笠ヶ岳(ピストン)
参加者:L大塚、佐藤(琢)

前夜タクマ号にて車中泊。早朝から歩き出す。
無雪期は何度も歩いている湯の小屋からの夏道も、雪の時期に登るのは初めてなので
新鮮。
天気は快晴、雪は締まっていて快調。午前中はワカンいらずで登れた。
咲倉沢頭までの急登を登りきってからワカンを履く。しばらく行くと尾根は広がり雪
原状となる。
標高1850m付近で14時。土曜日のうちに笠ヶ岳を越え小笠周辺まで行ければ至仏山ま
で届きそうだが、夜は一時的に冬型になる予報。
突っ込んで雪に降り込まれるのは避けたいのでここにベースを張って笠ヶ岳往復のみ
とする。
加藤沼までは悪天の兆しは微塵もなくノンビリ気分だったが、山頂直下の岩混じりの
急斜面に取り付いた途端に暗雲が沸き立ち風も騒ぎ出す。
山頂に立つと至仏山の向こうは黒い雲の中、眼下にならまた湖は見えるが利根川源流
の山々は見ることができなかった。
突風の山頂を後にして再び加藤沼に降りる頃には風雪が強まり先程までのノンビリ気
分は何処へやら。トレースを消される前にと急ぎ足でベース地に帰着する。
夕方から夜にかけて10〜15センチ程の積雪。前日のトレースは殆ど消されたが日曜日
は朝から晴天で前日とは違う積雪直後の景色を楽しみながら下山した。
笠ヶ岳からの展望と行けそうで行けなかった至仏山に若干未練が残ったが、悪天時以
外は常にお日様の光と好展望に恵まれ良い山行だった。

湯の小屋(5:55)〜咲倉沢頭(11:40)〜標高1850mBC(14:00)〜笠ヶ岳(15:30)〜標高
1850mBC(16:20〜翌5:55)〜咲倉沢頭(6:40)〜湯の小屋(11:50)

大塚

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です