丹沢:水無川セドノ沢左俣

2013年4月29日セ ドノ沢左俣

日程:2013427

ルート:丹沢・水無川セドノ沢左俣

参加者:L増田、小南

 

渋沢駅から大倉までのバスは、時間は短いが押すな押すなの超満員で疲れる。

大倉から戸沢までの林道歩きも長くて疲れる。以前本谷に登った時はこんなに長かった記憶はなかったのだが。

戸沢から右岸の堰堤沿いの道を記憶を呼び起こしつつ辿りながら、源次郎沢を分けて水無川本谷に入る。

F1の上でセドノ沢が分かれており、セドノ沢に入ってすぐに二俣となる。

シーズン初めはいつもそうだが、バランスが悪くまた雪山とは違う大きくて速い動きに疲れる。齢のせいか年々その程度が激しくなっているような気がする。

ここから先は写真を撮るためコナンちゃんに先頭を譲る。ガイドブックの「13mの大滝」(10mもないように思うが)はコナンちゃんにロープを引いてリードしてもらう。なかなか緊張した登攀となった。

三俣状の上部の8m滝は右に取り付いてブッシュも掴みながら登る。これを超えて少し行くと右岸より書策新道が合わさる。新道はしばし沢の中を通ったのち左岸に登っていた。沢は見渡せる範囲はガレガレなので、遡行はここで打ち切り書策新道から尾根へ逃げた。

尾根は多くのハイカーで賑わっていた。烏尾山から新茅山荘への道を下り、行きと同じ長い林道を歩いて大倉へ戻った。恒例となったどんぐり山荘の生ビール()で乾杯し、今シーズンの初沢を締めくくった。

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です