尾瀬:笠品川引上悪沢

2013/6/22 尾 瀬:笠科川引上悪沢

山 域 尾瀬:笠科川引上悪沢
日 程 2013年6月22日(土)
参加者 L増田、小南、関

1泊で引上悪沢〜スリバナ沢下降の予定だったが、思った以上に回復しないお天気

の為、引上悪沢のみの遡行とし、登山道で鳩待に下山し日帰りの山行となった。

戸倉からバスに乗り換え津名木橋で下車、林道を歩き始めるとポツリポツリと降っ

てくる。入渓点の橋に着いたものの雨は止まない。橋の下で準備をする。小降りに

なったのを見計らって遡行開始。

タル沢に入ると早速滝が登場。雰囲気のいい滝・ナメが続く。お天気が良ければよ

く映えそうだ。ちょっと狭まってきて7mは左から、次の「小さな逆の字」は右から

越すと、狭い樋状となり、奥の出口には低いが水量多そうな滝が見える。濡れたくな

いのでチャレンジはせず右から軽く巻く。この後は緩やかなナメ滝。ワル沢出合に

着。

引上悪沢に入ると、悪くはないが平凡となる。小滝を越えていくとだんだん源頭の

様子になり水がかれる。登山道目指して藪を漕ぐが、ちょっと左に寄り過ぎなかなか

登山道に出ない。雪渓に出て見回すと登山道発見。結構雪渓が残っている。スリバナ

沢の下降は無しと決めていたので鳩待峠に向かう。

鳩待峠に着くと登山道入り口にロープが張ってある。至仏山や笠ヶ岳は5月半ば〜6

月末まで植生保護の為、残雪期は例年入山禁止にしているらしい。ロープをまたいで

バス停に向かうと、指導員?レンジャー?のような人が寄ってきて「どこに行かれた

んですか?」と尋問を受けてしまった。笠科川側から入ったことと、悪天でエスケー

プしたことを説明してわかってもらった。やれやれ。すぐにバスに乗れて、さくっと

戸倉へ戻る。この林道歩く羽目にならなくてよかった。

駐車場に着くと、雨はあがっていて明るい。そう、いつもそうだよね、帰ってくる

と晴れるのさ、いや山はまだ降ってるよ。と慰めながら帰京した。

(記:関)

<コースタイム>

橋(8:10)〜ワル沢出合(9:20〜9:35)〜登山道(12:45)〜分岐(14:00)〜

鳩待峠(15:15)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です