南会津:檜枝岐川上滝沢

2013/06/30 会 津駒ケ岳:檜枝岐川上滝沢

ルート 南会津・檜枝岐川上滝沢

日 程 24630

参加者 Lタクマ、長南、松之舎

 

参加者は全部で9人、3人1パーティーに分け3パ−ティー作る事にした今回の会山行

会津駒に突き上げる上ノ沢と下ノ沢、大津岐峠に上がる上滝沢、またそこから乗り越して赤柴沢に下降して西側から会津駒にそれぞれの沢を遡行する予定だったが土曜の天候が悪く日曜日帰りに変更となった。そのため各沢を遡行したら会津駒の小屋で集中して下山という計画になった。

私は標高線が詰まってなく何もないであろうと思われる上滝沢に行くことにした。

キリンテ橋の側に上滝沢林道の出入り口があり、そこに車を停めて出発とした。この林道は車道から10m入った所にゲートがある為、車で奥にはいけない。

 歩いて数分、堰堤に行く踏み跡を辿って入渓となった。標高線通りのなだらかなスタートだったが、この沢の岩に何が塗っているだ?というくらいに岩が滑る滑る!一見コケが付いてなさそうな所も「ツルッ」と滑るもんだから足に変な力入れて妙に疲れる。

 足が疲れてきた所に山からの贈り物が現れる。山菜である。右岸も左岸もほぼ何かしらの山菜があり、このあと雪渓が出るまでは山菜取り放題が続くこととなる。そのおかげで足の疲れも忘れて遡行が出来た。

 初めに出てきた滝らしい5mの滝は左壁から軽く巻き、その後出てくる滝は全て直登。山菜が無いとつまらない沢かもしれない。(ものすごい滑るし)

 収穫しながら遡行し、1450m付近分岐の右俣奥に雪渓のブロックが見え始めた。水流沿いには雪が付いてなく快適に通り過ぎて行くと8mの滝が現れた。この滝は水流を簡単に登れた。

 少し行くと薄い屋根のブリッジが出てきて下をくぐるのもいやらしいので雪渓右上に乗って歩いているとドーーンと乗っていた真横のブリッジが崩壊した。まあそんな事もよくあるさと言い聞かせ通過した。

 するとスグに3mの滝に遭遇、この滝に取り付くには濡れるし、濡れて取り付いてもツルツルで手がかりも悪そう、更に登ってスグ雪渓があるという事で右岸を雪渓まで小さく巻く事にした。

 上手く雪渓に乗った後は稜線まで雪渓が途切れることなく続いていた。しかし、稜線歩きほぼ初めてのワタシはドコが薄いのか?通れるのか?判断できなかった。さらに雪渓を歩けばラクだと思っていたが傾斜がきつくなるとこれはこれでキツイし恐い。

 最後に笹藪に入り稜線に詰め上がった。時間的にも小屋で集中出来なかったので13:00の交信で大津岐峠から下山する旨を連絡しようとなった。稜線で下山準備をしていると雨がパラパラ降ってきた。

 大津岐峠に向かって行くと上ノ沢Pが峠の藪の中に赤いシートを張って雨宿りをしていた。どうやら上ノ沢Pも小屋集中は中止してウチラと一緒にキリンテに下山するという。

13:00に下ノ沢Pと交信ができて、下山する旨を伝えた。ちょうど交信あたりでドシャ降りになってきて、ずぶ濡れの下山となった。

 つまらないと思っていた上滝沢、山菜に雪渓と収穫ある山行となった。ちなみに当初の予定で1泊2日にしたら下降や2日目の沢での雪渓処理が大変で行けなかったかもしれない。それにしても檜枝岐は高速からの下道が長い。

 

(記 タクマ)

 

<コースタイム>

キリンテ橋6:10〜入渓6:251749コルに詰め上がる二俣8:30〜稜線12:13〜キリンテ橋15:10

 

<地形図> 会津駒ヶ岳・燧ヶ岳

 

以上、よろしくお願いします。

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です