安達太良:安達太良山

2013/12/15 安達 太良山

日程:2013年12月15日
ルート:安達太良・安達太良山
参加者:L長南、大塚、佐藤琢

冬山の足慣らしに安達太良山に行ってきました。
週末に冬型が強くなり北陸から東北にかけて大荒れとなりましたが金曜夜予定通り出発。
矢板過ぎたあたりからちらほらと雪が舞うようになったので那須高原SAで琢摩号にて仮眠。3人でも充分快適でした。

土曜日、雪の舞う中出発。郡山あたりは季節風の通り道で風雪強く、琢摩号は後部に重しの土嚢を積んでいるにも関わらず後輪が滑り高速を低速運転で切り抜ける。
安達太良高原スキー場への上り坂も尻を振りながらなんとか登りきり駐車場(無料)へ。安達太良山上部は雲の中で暴風雪が予想されるが下部は意外に悪くはないので行けるところまで行ってピストンすることにする。
このところかなりの積雪があったようだがさすがに百名山、トレースがあってくろがね小屋まで2時間半ほどであがる。ここからアイゼンをつけて登るが積雪が多くまったくアイゼン歩行トレにはならない。稜線が近づくにつれ風雪強まりトレースを追ってもアイゼントレができるバーンは出てきそうにないので、矢筈森への稜線をめざしラッセルする。が尾根に乗っても積雪があり1600mあたりで引き返す。
くろがね小屋に戻り、せっかくだから岳温泉の源泉に浸かり暖まってから下山する。帰りは琢摩号にチェーンを装着したが、はめるのもはずすのも結構たいへん。

岳温泉の成駒でソースカツ丼で腹を満たし帰路につく。成駒のソースカツ丼、腹が減っているときにはぜひ御賞味あれ。
日帰りながら充分に冬山を味わえて満足でした。

<コースタイム>
駐車場900-1135くろがね小屋1145-1300矢筈森1600m地点-1340くろがね小屋1450-1600駐車場

<1/25,000地形図>
安達太良山

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です