那須:三本槍岳〜三倉山

2014/03/22-23  那須:三本槍岳〜大峠〜流石山〜三倉山〜唐沢山

日程:2014年3月22日(土)〜23(日)
ルート:那須・中の大倉尾根〜三本槍岳〜大峠〜流石山〜大倉山〜三倉山〜唐沢山〜
音金
参加者:L大塚、五十嵐、佐藤(琢)

3月22日
マウントスキー場トップから歩き始める。しばらく穏やかな樹林帯をツボ足で歩き、
標高1600m付近からアイゼン歩行に切り替える。
程よくクラストしているのでアイゼンが良く利き、グイグイ登ると2時間半で三本槍
岳の山頂に着く。スキー場トップから三本槍岳は日帰りお手軽コースのようで、確認
しただけで4パーティー10人強の人が登ってきていた。
さすがに風が強いが立っていられない程ではない。視界が今一つなのが残念だが、昼
前に三本槍岳に着けたので会津側への縦走の目途が立ち第一目標達成。
山頂から大峠に降りると天候が良くなり那須連山全てが眺められるようになり大休
止。三本槍岳の山頂も青空の中であと一時間早く天候が回復してくれればと悔しい感
じもするが、今山行の目的は会津側への縦走。これから辿る流石山から大倉山へ稜線
は白く美しく、なかなか魅惑的な姿を見せているので期待が膨らむ。
大峠から流石山への登り返しが今山行で一番辛いところだろうと思っていたが、きっ
ちりクラストしており、ここもアイゼンを利かせながらグイグイと高度を稼げた。高
度を上げるにつれ強風になり、ここから先は吹き晒しになること必須なので幕営場所
が心配になる。時間的には少し早かったが流石山の三角点ピークから南に派生する尾
根を少し下った傾斜地を整地してテント一張分のスペースを作った。

3月23日
深夜から雪になり行動開始時の視界は50〜100m程。前夜のテントの中で「明日は悪
天だったら行くのも戻るのも遠い位置だね・・・」と話していたが、その通りになっ
てしまった。
流石山から三倉山までは小刻みにアップダウンを繰り返すのでしっかり現在位置を特
定しながら歩く。視界は相変わらず悪く時折強風に煽られながらの歩行になる。休憩
する気にもなれずひたすら歩く。歩行自体はアイゼン歩行なのでワカンに比べれば楽
だ。
同じような高さの小ピークが沢山あるので三倉山の山頂を100%確実に同定すること
ができず、視界が殆ど利かない中で土倉山のジャンクション地点を判断するのが難し
かったが、しくじることなく唐沢山への尾根に乗ることが出来た。
唐沢山からは風も弱くなり下るにつれて視界も利くようになったのでほっとする。
音金の集落に下山する頃には晴れて、田島に向かうタクシーの中では三倉山の稜線が
キレイに眺められた。

二日目は条件が悪かったけれど、晴れっぱなしでお気楽に終ってしまう山行よりもむ
しろ充実感があって面白かったな。というのが個人的な感想です。
晴れていれば大峠から三倉山の稜線は「もう最高!」の世界でしょうけれど・・・
数年前から行きたいと思っていた縦走ルートだったので快心の山行でした。メンバー
に感謝です。

(記:大塚)

<コースタイム>
3/22 マウントジーンズスキー場トップ(9:15)〜三本槍岳(11:40)〜大峠
(12:55-13:25)〜流石山(15:00)〜流石山南尾根幕場(15:10)
3/23 幕場(6:55)〜大倉山(8:25)〜三倉山(9:20)〜唐沢山(11:05)〜音金(13:30)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です