越後:十字峡〜ネコブ山〜下津川山〜巻機山〜清水

140503ネコブ山 〜下津川山〜巻機山

日程:2014年5月3日〜5日
ルート:越後・十字峡〜ネコブ山〜下津川山〜巻機山〜清水
参加者:L大塚、五十嵐、佐藤(琢)

5/3
三国川ダムの管理事務所に車を駐車して右岸の車道を十字峡まで歩く。天気が良く周
囲の山々がよく眺められるが残雪は少ないように感じられる。
標高1000mを越えるまではヤブ漕ぎか・・・と覚悟してネコブ山の尾根に取り付く
が、雪のない下部はきちんと踏跡があり、花を愛でながらの春山ハイキングといった
風情だった。
標高1200m付近、桑ノ木山への登りにかかる辺りからようやく残雪を踏めるようにな
る。背後に見える中ノ岳や越後駒ヶ岳が美しい。桑ノ木山を越え1518m標高点付近で
雲行きが怪しくなってきたので少し早いが幕営とする。この判断は正解。幕営すると
やがて雨になり夜半まで降り続いた。
5/4
天候は回復して快晴の朝となるが昨夜の雨で雪面はガリガリのアイスバーンとなりア
イゼンを履いて出発する。ネコブ山は展望抜群の良いところ・・・だが、これから辿
る予定の下津川山への稜線はなかなかのナイフフリッジの上に雪が飛ばされていて岩
と藪と雪がさった難易が度高そうな稜線となっている。ここまで単独行者も含めて4
〜5パーティーが前後していたが、ネコブ山だけが目的だったのか、あるいは雪の少
なさからなのか引き返すパーティーが多い。地元とおぼしき単独行者も薮が出過ぎて
いるので引き返したとのこと。この藪岩雪リッジに手こずると翌日は天候悪化の予報
なので巻機山越えで悪天につかまることになる。これ以上先に進むと引き返すポイン
トが無いので正直悩んだのだが、五十嵐さんの「行く!」という強い意志に励まされ
弱気なリーダーもGOサインを出すことにする。
藪岩雪リッジは見た目程は悪くなくロープを出すことなく進むが、残雪の山のハズが
ただのヤブ漕ぎ山行かよこれ!といった感じだ。なんやかんやで下津川山には想定通
り昼前に着くがこれから目指す巻機山までの稜線もかなりヤブが出ている。ここで丹
後山から縦走してきた2人パーティーと出会って言葉を交わすがヤブと雪が五分五分
だったとのこと。先が思いやられるがここまで来たら巻機山を越えるしかないので前
進あるのみ。不安定な雪面とヤブの繰り返しでなんだか沢登りの雪渓処理をしている
ような感覚に陥る。ヤブ漕ぎで体力の消耗は激しいが展望は最高で利根川源流域の馴
染みの山々が良く眺められるのが励みだ。三ツ石山を越えた鞍部に幕営。琢摩グリー
ンカレー炸裂の美味しい夜を過ごす。
5/5
悪天につかまる前に巻機山を越えたいので夜明けと同時に出発。相変わらず不安定な
雪面とヤブの繰り返しで体力を消耗しながら前進する。巻機山への登りでガスと強風
につかまり視界が効かない状態で牛ヶ岳に登り着く。幸か不幸か雪が少ないので木道
が出ており視界が効かない状態での井戸尾根下降までのルートファインディングは迷
わずに済んだ。
井戸尾根を下降して桜坂の駐車場にタクシーを呼び三国川ダムの車を回収。タクシー
の運転手さんの話しでは今年は町の積雪量も少なかったとのこと。
雪藪半々の山行となってしまったが個人的には行きたいルートを予定通り完遂出来た
ので満足。アイゼンピッケル必須の雪面から濃密な藪漕ぎまでバラエティに豊かな
(笑)山行に付き合ってくれたメンバーに感謝です。

大塚

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です