南会津:古町丸山(中退)

2015/3/21-22古町丸山(中退)

ルート:南会津・古町丸山(中退)

日程:201531415

参加者:L増田、関、小南

 

会津山岳会の記録を参考に、古町丸山〜恵羅窪山〜塩ノ岐沢源頭を巡る計画を立てて臨んだのだが、例年にない大雪のため全く届かず、古町丸山にさえ届かないという結果となった。

前夜は「きらら289」にテント泊。早朝は雪が降っていたが、小塩の集落に着いた頃には雪は止み、青空もちらりと顔をのぞかせる状態となっていた。車を止める場所がなく周辺をウロウロした挙句、役場の駐車場の片隅にこっそり止めさせてもらった。橋を渡り適当な場所から雪原(畑?)を横断し、滝倉沢の林道に合流。林道にトレースはなく、スキーで2030cmのラッセル。雪質は重い。天気は曇りで時々晴れ間が覗き、時々小雪が混じるといった調子。西から高気圧が来ているが、まだ冬型が残っている感じで、今日一日は多分この調子だろう。地形図上の堰堤マークの少し下で左岸から支流が出合うが、そこに架けられているはずの橋がなく、林道が寸断されている。対岸に渡渉しようにも渡れそうなところはなく、迷った挙句、結局左岸の支流を巻くことになり、途中スキーの脱着もあり時間を食ってしまう。二ヶ所の堰堤を過ぎ、金山沢の出合から林道と別れて金山沢の左岸尾根に取り付く。この時点ですでに12:30を回っており、今回は目標を古町丸山までに下方修正する。

尾根の上部に立派な雪庇があるため、雪庇を回避するように左から回り込んで尾根に出る。少し痩せた尾根だがしばらく登ると幅が広がって一旦は傾斜も緩む。しかし1100mからまた傾斜が急になる。テレマークデビューのコナンちゃんははるか後方を喘ぎながら登ってくる。急斜面のキックターンに難儀している様子。1200mからはまた傾斜が緩む。明日古町丸山に行くためには1263m峰を超えた鞍部で幕としたいところだが、時間はすでに16時を回っており、登り始めからここまで440m4時間弱かかっているペースを考えるとこれ以上進むのは無理がある。というわけで、1200m辺りの平らな所を整地して今宵の宿とした。

夜はコナンちゃんの用意してくれた食材に酒も進み、昼間の疲れも忘れて会話が弾んだ。夕方は小雪が舞っていたが、夜テントの外に出てみると満天の星空だった。

翌朝は雲一つない晴天。古町丸山に行きたいところだが、昨日のペースとメンバーの疲れ方から時間的に厳しいと判断し、このまま下山することにする。シールを取ってさあ滑降。適度な樹間の広い尾根だが雪は相変わらず重く、快適な滑りとはいかない。誰もが最初はそうであるように、コナンちゃんにとっては数mに一度転ぶ地獄となった。それでも根性でスキーを脱ぐことなく下山。あらためて「テレマークの世界へようこそ」。林道はシールを取ると割とよく滑り、昼過ぎには小塩の集落に着いた。

古町丸山、恵羅窪山、塩ノ岐沢源頭部は来年の宿題となった。来年の春分の日は3連休なので、23日で来よう。

 

<コースタイム>

1日目;駐車場(8:20)→金山沢出合(12:2012:40)1200m(16:20)

2日目;泊場(8:20)→金山沢出合(10:2010:40)→小塩集落(12:20)

<25000分の一地形図>:城郭朝日山、内川、会津山口、松戸原

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です