谷川:檜又谷小スラブ

2015/06/07 谷 川・檜又谷小スラブ

日程:2015年6月7日
ルート:谷川・檜又谷小スラブ
参加者:L大塚、小南、佐藤(琢)

渡渉訓練の翌日に沢シーズンに向けての足慣らしとして計画した山行。

こんなところ
誰も行かないだろうと半ば諦め気味だったが、前夜の焚火宴会が目的なのか、あるい
は帰路に採れるであろう副産物が目的なのか二人の同行者を得た。
取水堰堤から檜又谷の本流を行く。一ノ沢を過ぎた辺りから雪渓が見え始め、ニノ沢
の出合辺りからは完全に雪渓に埋まる。雪渓上を歩きながら以前登った大スラブを右
岸に見て、左岸から滝沢を合わせると小スラブの出合に着く。小スラブの下部も雪渓
の下だ。
しばらくは雪渓と浅い窪状を辿る。スラブ帯に入るまで結構長い。ようやく周囲が開
けてスラブ帯に入ると適度な斜度でグイグイと高度を稼げる。ロープは不要。対岸に
見える大滝沢の連瀑が見事。
スラブが終わると傾斜の強い藪になる。藪を避けて小スラブの頭のナイフリッジに
乗ったはいいが脆い岩稜になり懸垂下降で引き返す。リッジを迂回して武能岳西尾根
に出るまでの藪漕ぎが傾斜が強くてなかなかキツかった。武能岳西尾根に出れば腰下
の藪になり、大源太山や巻機山方面の展望も開け楽しい稜線漫歩だ。武能岳北峰で登
山道に出ると目の前に湯檜曽川。天気も良く展望を楽しみながら蓬峠経由で下山し
た。

スラブ部分はそれなりに楽しかったがその前後が長過ぎ。想像通りの物好きルートで
した。物好き以外の方には全くおすすめしません。檜又谷は、本谷、二ノ沢、大スラ
ブ、小スラブと登り4本目。特に檜又谷に思い入れがある訳ではありませんが、次登
るのは滝沢?あるいは大滝沢か?

<コースタイム>
檜又谷取水堰堤(7:45)〜小スラブ出合(9:45)〜スラブ入口(11:00)〜スラブ終了
(12:00)〜西尾根(13:40)〜武能岳北峰(14:40)〜車(17:20)

(記)大塚

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です