南会津:安越又川コゴミ沢〜深瀬沢

2015/6/13安越又 川コゴミ沢〜深瀬沢

ルート:南会津・安越又川山欅沢コゴミ沢〜黒谷川芝倉沢〜深瀬沢
日程:2015年6月13日〜14日
参加者:L増田、長南、小南、伊地知

1日目:晴れ
朝発で電車・バスを乗り継いで小立岩で下車。安越又川林道に入るが、安越又川は大水で相当にダメージを受けた模様。対岸まで広く土石が積もっていた。

山毛欅沢渡渉点の橋は2年前に新しく作られたものだった。林道は安越又川の左岸を切り広げて上流に伸びており、地形まで変わっていた。上流ではまだ何かの工事が進んでいるようで、ダンプが何台か通過した。山毛欅沢沿いにも広い林道が開かれ、それが堰堤まで続いていた。二つ目の堰堤はブロックを積み上げた形式で、すぐ上には雪渓がありそこから入渓。
山毛欅沢から二俣を右のコゴミ沢に入る。滝などの特筆すべきポイントのない平凡な沢だ。今年度初の泊まり山行の荷が重く、また暑さと山菜採りのために行程が捗らない。塩ノ又沢はあきらめて芝倉沢で泊まることにした。やはり朝発では行程に無理があった。芝倉沢を下り、二俣の少し上流を今宵の宿と定め、タープを張り、焚火に火を点ける。コナンちゃんの繰り出す料理に舌鼓を打ちながら夜は更けて行った。
2日目:雨のち晴れ
明け方から雨。増水した中を芝倉沢を登り返し、稜線を東に乗越して深瀬沢に入る。雨は上がった。何もない沢と思っていたのが大間違い。雪渓がいくつか現れ、予想以上に時間を食ってしまう。金山沢との二俣を過ぎ、地形図上の道がもうそろそろ現れてもいい頃…と思っていると期待を裏切って最後の雪渓が出現。下は真っ暗だったので雪渓上に上がるが、末端からの下降ができない。高低差は3〜4m。雪渓上にあった丸太を端部から降ろし、雪渓に立てかけてそこから降りようという工作中に雪渓の端部が崩壊し、長南さんが落下した。一瞬ヒヤッとしたが幸い怪我はなかった。後の3人は雪渓上の倒木を支点にして懸垂で降りる。
そこからわずかで林道が出現。結局12:10の桧枝岐行バスには間に合わず、燧の湯〜開山(蕎麦)という目論見は外れた。1時間20分後のバスで会津高原尾瀬口に戻ることとし、流れでゆっくり体を洗い、再び出てきた太陽に荷物を広げて乾かした。
<コースタイム>
1日目:小立岩(10:50)〜山毛欅沢入渓(11:50)〜二俣(12:35)〜稜線(15:20)〜芝倉沢テン場(16:30)
2日目:テン場(6:50)〜稜線(8:30)〜国道(12:30)

遡行図はありません

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です