上州武尊:武尊山

2016/01/23-24 上州武尊:武尊山(中退)

日程:2016年1月23日〜24日
ルート:上州武尊・上ノ原〜名倉沢〜須原尾根〜武尊山(中退)
参加者:L大塚、増田、佐藤(琢)

1/23 上ノ原登山口から名倉沢沿いの夏道を行く。トレースは大幽洞窟の分岐まででそこからはラッセルとなる。
1196m標高点を過ぎたあたりで後続の4人パーティーに追いつかれ、そこからは2パーティー前後しながらのラッセルとなる。
膝上がら腿のラッセルになり、傾斜が強い部分はトップが空身ラッセルで登る。
名倉沢上部で夏道と分かれ須原尾根側の支尾根に取りつく。
傾斜が増しなかなかしんどいラッセルだが、天候は予想外の好天なので16時過ぎまで行動し、須原尾根の1692m標高点手前まで登り幕営。
1/24 朝起きてみると予想に反して好天。昨日の行程からして武尊山の山頂はとても無理だし、二日目は強い寒気が入る予想だったので悪天撤退のつもりだったのだが・・・ 天候の様子を見ながら行けるところまでは登ることにして出発する。
手白沢避難小屋の辺りで天候が悪化してきたので、標高1700m付近まで登ったところで引き返す。
昨日一緒にラッセルしたパーティーは早朝出発して藤原岳の手前まで登って引き返してきたとのこと。山頂にとどかないのが分かっていながらきちんと行動する姿勢は素晴らしい。
我々は昨夜の時点で宴会モードだったので少し反省。 (記:大塚)

<コースタイム> 1/23 宝台樹スキー場P(7:20)〜須原尾根1692m標高点手前(16:20) 1/24 幕場(7:50)〜須原尾根標高1700m付近引き返し(8:50)〜宝台樹スキー場P(13: 00)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です