妙義:中木川金洞沢~小山沢下降

P4300039.jpg

2016/4/30 妙義《中木川・金洞沢~小山沢下降》

日程:2016/04/26(土) 前夜発日帰り
ルート:妙義《中木川・金洞沢〜小山沢下降》
メンバー:L斎藤、佐藤

天気:晴れ 夜は冷え込み翌日の遡行を心配したが、沢は日も当たり寒くは無い。入渓すると新緑に映えるナメと淵が美しく、小粒ながら楽しめる滝が続く。Co640mで星穴沢を見送り、Co730mの三俣からは水も涸れ、左俣に進みCo820mで右沢に入る。稜線直下で30m程の壁になり右岸尾根に取り付き詰め上がり登山道出る。茨尾根は景観も良く楽しめるが、ハイグレード・ナンちゃらの影響かヘルメットを装着した多くの登山者に出会い驚かされる。(多数のパティー、総勢で20〜30名もっと多いかも)相馬岳直下Co910mのコルから小山沢に降る。小山沢は稜線までナメが続き穏やかな渓相で下降に適した沢であるが、10mのチョックストーン滝と12mの滝は悪く高巻きをさせられた。このルートは滝場とナメが程よく連なり快適な遡下降が楽しめた。下山が14時と早かったので、GWながら帰りの高速も渋滞無く16時に練馬着と順調。

コースタイム
裏妙義国民宿舎発7:04〜星穴沢8:50〜三俣9:30〜稜線登山道10:00〜〜小山沢11:10〜林道13:45〜裏妙義国民宿舎着14:00

(記)斎藤

P4300035.jpg P4300039.jpg P4300059.jpg P4300065.jpg P4300081.jpg

2016/4/30 妙義《中木川・金洞沢~小山沢下降》

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です