尾瀬・白尾山~アヤメ平周辺


2017/03/04-05 尾瀬:戸倉〜アヤメ平

日程:2017年3月4日〜5日
ルート:尾瀬・白尾山~アヤメ平周辺
参加者:L関、長南

3/4(土)  
早朝発にしたが、やっぱり関越の事故渋滞につかまってしまった。戸倉スキー場の駐車場を出発したのは10時過ぎ。しばらく林道を行くと、向こうからボーダーが滑ってきた。どうやらスキー場のトップからこちらに滑ってきてたようだ。林道の雪は締まっているので1時間で富士見下。テンバ予定地の冬路沢の二俣近くの湿原マークには13時過ぎに着いた。  ツェルトを張って、風よけブロックを積んで、と快適なテンバ整備をしていたら、結構時間がかかった。冬路沢の渡渉点を確認しに行って、本日の行動は終了とする。
3/5(日)  
昨日確認した渡渉点から冬路沢を渡り、急な斜面から対面の尾根に取り付く。今日も快晴で気持ちが良い。尾根まで上がって富士見峠を目指す予定だったが、長南さんの提案でCo1759あたりからトラバースして富士見峠下のCo1817辺りの湿原を目指すこととする。うまい具合にトラバースできてちょうど湿原に出た。湿原から20分程度で富士見峠の小屋に着いた。小屋はすっかり雪に埋まっていた。小屋からアヤメ平に向かう。快晴のアヤメ平はとても気分が良い。が、鳩待峠側からきたスノーモービル4台くらいを見かけてしまい、ちょっと残念だった。アヤメ平から南に下る尾根を滑る。鞍部から東に向かいテンバに戻る。ぐるっと1周4時間半弱の行程だった。  
テンバを撤収して、田ノ原までシールを付けて戻り、重くなってきた林道の雪に、腿をプルプルさせながら滑って、戸倉のスキー場に戻った。
 2日間とも快晴で、ルートとしては近くて定番のエリアだったが、とても楽しめた山行となった。
(記:関)

<コースタイム>
3/4 戸倉スキー場駐車場(10:15)~富士見下(11:20~11:35)~冬路沢二俣付近湿原BP(13:15)
3/5 BP(7:45)~富士見峠の小屋(9:40~10:05)~アヤメ平の下降点(10:50)~BP(12:00~12:55)~戸倉スキー場駐車場14:10

<1/25,000地形図>
至仏山・三平峠

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です