カテゴリー別アーカイブ: 3.1奥多摩の沢

奥多摩・南秋川小坂志川湯場ノ沢〜高尾山

2008年6月8日(日)曇
小池

2008/06/08 奥多摩:小坂志川湯場ノ沢~高尾山

朝起きたら今にも雨粒の落ちそうな空模様でいささか気が滅入ったが、とりあえず出かけてみることにした。重たい空の下、途中で少しでもアクシデントでもあれば引き返そうと思うものの、電車もバスも当然のことながら何事もなく動き、予定通りの時間に笹平に到着してしまうのである。
続きを読む 奥多摩・南秋川小坂志川湯場ノ沢〜高尾山

奥多摩・日原川唐松谷

2008年4月20日
L関、小池、五十嵐

2008/04/20 奥多摩:日原川唐松谷

週間天気予報ではよい天気のはずが、週末が近づくにつれだんだんわるくなり、結局前日まで雨。大丈夫なのか?!という心配を胸に車で八丁橋まで入る。橋の先のゲートには金網が盗難にあったと看板がかかり、しっかりと鍵がかかっていた。日原林道自体は特に崩れたところはなく富田新道入口まで整備されていた。
続きを読む 奥多摩・日原川唐松谷

奥多摩・小川谷カロー川

2008年4月6日
L大塚、小池、山本、立田

2008/04/06 奥多摩:日原川カロー川谷

今シーズン初の沢登りにドキドキして、あまり寝付けないまま朝をむかえました。お天気も良く、不安は少しだけ減り、いざ、沢に向うべく活動開始です。奥多摩の駅到着後、タクシーにて日原鍾乳洞まで向う。 続きを読む 奥多摩・小川谷カロー川

奥多摩・日原川小川谷滝谷

2007年7月22日(日)
L大塚、五十嵐

2007/07/22 奥多摩:日原川滝谷

 新潟方面の天気が悪く、多少天気が悪くても行けるだろう夏の奥多摩山行となった。
 小川谷林道を広場まで入る。広場には3台車がすでに駐車していて、そのうち1台はバードウォッチングか何かの見張りのようで2人乗っていた。
  続きを読む 奥多摩・日原川小川谷滝谷

奥多摩・日原川巳ノ戸谷

2006年4月29日(土)
L佐藤、西、立田、、五味渕、古市

2006/04/29 奥多摩:巳ノ戸谷

先週末の『小常木谷』が、天候が思わしくないため中止となってしまった。今回も余り良い天気では無さそうで、「中止かな?」と思っていると、前夜、佐藤さんより決行の連絡が入る。慌てて?準備をして寝に入る。JR成東駅の始発電車(4:56発)に乗車、奥多摩駅へと向かう。 続きを読む 奥多摩・日原川巳ノ戸谷

奥多摩・多摩川シダクラ沢

2006年4月22日(土)
L関、佐藤

2006/04/22 奥多摩:シダクラ沢

「御前山のカタクリを見たい」という関さんに付き合い、この沢に行くことになった。御岳まで満員だったホリデー快速を奥多摩駅で降りると、これまた大勢の人でごった返しており、奥多摩湖行きのバスに乗れたのは3台目。 続きを読む 奥多摩・多摩川シダクラ沢

奥秩父・丹波川火打石谷

2005年4月23日(土)
L大塚、佐藤、増田、松之舎、山口、古川

2005/04/23 奥秩父:火打石谷

岩トレ、レスキュー訓練を別とすれば、自分にとっては今年初の沢登り。残雪を懸念し、上流部、大滝の先から左岸支流に入ったが、暑いくらいの晴天に恵まれ、最高の沢始めとなった。火打石谷は、最初ゴルジュが続き、中間部はナメ、後半には大滝、と変化があり、あきずに楽しめるよい沢だった。
続きを読む 奥秩父・丹波川火打石谷

奥多摩・日原川倉沢谷塩地谷

2004年11月3日(水)
L関、山口

この山行で、私がリーダーをやるのは5回目だが、いつも上がいたのでリーダーとは名ばかりで「のほほん」としていたが今回は上がいない。少々気負って入渓したが、前半は巻いてばっかり、後半はダラダラ登りと言った感じで、気負い過ぎたのか、ちょっと拍子抜けな感じがした。 続きを読む 奥多摩・日原川倉沢谷塩地谷

奥多摩・日原川小川谷犬麦谷

2004年10月30日(土)
L大塚、関、立田、五十嵐

2004/10/30 奥多摩:犬麦谷

天気予報は下り坂で雨だったのだが、今回は取りあえず入渓点まで行ってみようということになった。小川谷林道を進むにつれ、なんとか持っていたお天気は崩れだし、車を下りると雨がふってきた。 続きを読む 奥多摩・日原川小川谷犬麦谷

奥多摩・日原川小川谷犬麦谷

2004年7月17日(日)
L佐藤、松江

2004/07/18 奥多摩:小川谷犬麦谷

朝霞台に6時集合で、松江さんの車に乗り、小川谷林道へ。早朝、怪しかった雲行きも青梅あたりから回復し、奥多摩あたりでは沢登り日和になっていた。道はすいているものの、日原鍾乳洞の手前で観光客に間違えられ、駐車料金を請求される。沢登りだと言って、やっと納得してもらう。 続きを読む 奥多摩・日原川小川谷犬麦谷

奥多摩・日原川滝谷

2004年7月9日(金)
松江

2004/07/09 奥多摩:小川谷滝谷

小川谷林道は犬麦谷から5分ほど手前で通行止めである。
8時20分出発。暑い暑い。この林道はほとんど日陰だが、それでも汗が吹き出てくる。朝からすごい暑さだ。今日の東京の予想最高気温は35℃である。 続きを読む 奥多摩・日原川滝谷

奥多摩・南秋川軍刀利沢

2004年6月19日(土)
L佐藤、松之舎、松江、立田

2004/06/19 奥多摩:軍刀利沢

7時15分車で朝霞台出発。9時25分に矢沢林道と熊倉林道分岐点に着いた。
30分程で軍刀利沢出合に到着。林道からの降り口に赤テープがある。
矢沢は小川のようで水量はないが、軍刀利沢に入るとそこそこの水量で、ゴルジュ、小滝、釜などもあり、滝は登れるものがほとんどなのでなかなか楽しい。 続きを読む 奥多摩・南秋川軍刀利沢

奥多摩・日原川日陰名栗沢

2004年6月2日(水)
大塚

2004/06/02 奥多摩:日陰名栗沢

天候・晴れ
日原鍾乳洞バス停から林道を50分程歩き出合に降りる。出合は水量少なく貧弱だが日原川もこの辺りまで来ると植林帯ではなく広葉樹の森なので少しは山深い感じがする。 続きを読む 奥多摩・日原川日陰名栗沢

奥多摩・日原川倉沢谷長尾谷〜浦山川細久保谷左俣下降

2004年4月22日〜23日
大塚

2004/04/22 奥多摩:倉沢谷

[22日/晴れ]
倉沢谷の林道終点から入渓する。山は新緑の盛りだ。渓相は平凡で2〜5mの小滝やナメ滝が所々懸かる程度。石積堰堤を越え標高980m右岸支流手前の河原で幕営。 続きを読む 奥多摩・日原川倉沢谷長尾谷〜浦山川細久保谷左俣下降

奥多摩・多摩川入川谷

2004年4月11日(日)
L大塚、古市、佐藤

2004/04/11 奥多摩:入川谷

古里駅で集合し、以前にキャンプをした入川谷の林道終点まで入ると、車が数台とデイキャンプしているグループがいた。もう、ここは使えないかなと思いながら、身支度をする。 続きを読む 奥多摩・多摩川入川谷

奥多摩・北秋川月夜見沢ヒイラギ沢〜惣角沢下降

2004年3月7日(日)
L松之舎、大塚

2004/03/07 奥多摩:月夜見沢

藤倉のバス停で下車し北秋川を上流へ20分程行くと月夜見沢の出合。落合橋の手前から沢に降りて川幅5m程の本流を渡渉し月夜見沢に入る。 続きを読む 奥多摩・北秋川月夜見沢ヒイラギ沢〜惣角沢下降

奥多摩・秋川小坂志川ウルシゲ谷右俣〜左俣下降

2003年12月7日(日)
L佐藤、長南、関、阿部、五十嵐

今日はお天気よく12月にしてはあたたかい日で沢日和だ。JR武蔵五日市駅で待ち合わせウルシゲ谷まで車で入る。ウルシゲ谷の出合には車をおくスペースがないので、少し上流側においた。 続きを読む 奥多摩・秋川小坂志川ウルシゲ谷右俣〜左俣下降

奥多摩・峰谷川坊主谷

2003年11月15日(土)
L松之舎、大塚

峰谷でバスを降り坊主谷出合の橋まで約40分。身仕度を済ませ右岸の踏跡から堰提を2つパスして沢床に降りる。
しばらく行くと3m、5m、5mの連瀑。夏ならシャワークライムも良さそうだがあっさりと右岸の仕事道から巻く。
3mスダレ状を越え、4mの滝を右岸から巻くと8mの滝。これは左壁を登る。 続きを読む 奥多摩・峰谷川坊主谷

奥多摩・日原川小川谷滝上谷

2003年6月29日(日)
L増田、関

泊まりの山行が流れたので、日帰りで沢へ。梅雨とは言え、奥多摩の登山客は少なくない。

一台目のバスにはもちろん乗れない。ちょっと遅れての二台目に乗る。東日原のバス停から1時間強歩いて小川谷林道の滝上谷の橋に着く。 続きを読む 奥多摩・日原川小川谷滝上谷

奥多摩・小坂志川湯場ノ沢〜キットウ谷沢左俣下降

2003年4月13日(日)
L増田、満田

本当は春合宿までに泊まりの沢に行っておくのが理想だが、いろいろあって日帰り山行となってしまった。

好天に誘われてかJR武蔵五日市駅前は大勢のハイカーでごった返していた。数馬行きのバスに乗り、笹平で降りてそこから林道を35分歩いて湯場の沢の出合に着く。 続きを読む 奥多摩・小坂志川湯場ノ沢〜キットウ谷沢左俣下降

奥多摩・大丹波川真名井沢

2003年3月15日(土)
L大塚、戸ヶ崎(洋)、松之舎

JR川井駅に集合して大丹波川沿いの林道を約1時間ほど歩くと真名井沢にかかる「とりがや橋」に着く。ここが入渓点だ。途中、林道脇で何のためかヘリコプターがホバリングをしていた。今から思えば、これがこの後の悲劇の前兆だったのかもしれない・・・
続きを読む 奥多摩・大丹波川真名井沢