「03.東京周辺の沢」カテゴリーアーカイブ

丹沢・葛葉川本谷

2010年7月31日
L関、小南、中井、朏、五十嵐

2010/07/31 丹沢:葛葉川本谷

 初めて行く沢ということで、いくつかの候補の中から葛葉川本谷になった。アプローチは5人なのでタクシーで葛葉の泉へ。葛葉の泉で地元のおじさんからヒル対策にとお弁当についているしょうゆをもらう。準備している草むらチェック!
続きを読む 丹沢・葛葉川本谷

丹沢・本棚沢

2010年7月25日
L斎藤、山本

2010/07/25西丹沢:東沢・本棚沢

先週に続き、丹沢。西丹沢自然教室駐車場に車を置く。檜洞丸への登山道であるツツジ新道をゴーラ沢出合まで行くのだが、出だしの登山道が暗く、崩れている箇所もある。その後は快適な登山道となった。ゴーラ沢出合いの広い河原で身支度を整え、いざ出発。
続きを読む 丹沢・本棚沢

丹沢・玄倉川小川谷廊下

2010年7月24日(土)
L増田、松之舎、中井

中井さんのお試し山行として計画したのですが、夏の暑い一日を目一杯水を浴びて自分たち自身も楽しんだ。人気スポットなので入渓者が多いことは覚悟していたが、確認できただけで自分たちも入れて6パーティー。随所で待ちが出る状態だった。
続きを読む 丹沢・玄倉川小川谷廊下

丹沢・勘七沢~源次郎沢~小草平沢下降

2010年7月18日
L斎藤、山本

2010/07/18丹沢:勘七沢~源次郎沢~小草平下降

斎藤さんの例年の体力確認ルート。無謀にも同行させてもらう。
表丹沢県民の森駐車場にて支度をし、林道を行くと勘七沢出合。堰堤を越え、小草平ノ沢を右にみてすぐにF1。 続きを読む 丹沢・勘七沢~源次郎沢~小草平沢下降

奥秩父・笛吹川東沢釜ノ沢西俣沢

2010年6月12日(土)~13日(日)
L五十嵐、関、他1名

2010/06/12 奥秩父:笛吹川東沢釜ノ沢西俣

6月12日(土)曇り時々晴れ
 メジャー処である釜ノ沢に古株会員の五十嵐さんが行っていないとは!友人を連れて行くとのことで、私も参加させてもらう。 続きを読む 奥秩父・笛吹川東沢釜ノ沢西俣沢

丹沢・中津川二十女沢鍋嵐沢〜オオユナラノ沢下降

2009年11月21日(土)
L佐藤、関

2009/11/21 丹沢:二十女沢

11月21日(土)晴れ時々曇り
この時期の沢は、近場の日帰りくらいしか行く気がしない。3連休の初日に丹沢へ行った。佐藤さんが調べてくれた「二十女沢」。変わった名前の沢だ。

続きを読む 丹沢・中津川二十女沢鍋嵐沢〜オオユナラノ沢下降

両神・赤平川尾ノ内沢キギノ沢

2009年10月11日
L斎藤、五十嵐

2009/10/11両神山:尾ノ内沢・キギノ沢
新潟方面は天気が悪く、3連休の中日、両神のキギノ沢に行くことになった。
龍頭神社脇の林道を尾ノ内自然ふれあい館まで入る。つりばしを渡って渡渉し、右岸の道を歩く。キギノ沢までの山道はよい道ではないが、印もあり明るければ問題ない。約1時間でキギノ沢出合についた。地形図から水量の少ない沢を想像していたが、予想より水量は多く、最初から私はびびり気味で、一方斎藤さんはにんまり状態!うれしそう~。

続きを読む 両神・赤平川尾ノ内沢キギノ沢

丹沢・下棚沢

2009年8月30日
L五十嵐、稲葉、斎藤

2009/08/30西丹沢下棚沢

前夜から現地入りし気合いが入っている二人に早朝合流する。
心配した天気も出発時には晴れ間も見える。
登山道を暫し歩けば沢の名にも成っている下棚に到着する。
何度対峙してもなかなかの迫力に見入ってしまう。

続きを読む 丹沢・下棚沢

奥秩父・大洞川井戸沢奥新左衛門窪左俣

2009年6月27日~28日
L増田、松之舎、古川原、小南

2009/06/27奥秩父・井戸沢奥新左衛門窪左俣

前夜は当会定宿の仲見世初デビュー、のはずが、巡回してきた警備員に警察まで呼ぶと脅され、やむなく退散、御花畑駅でSB。 続きを読む 奥秩父・大洞川井戸沢奥新左衛門窪左俣

奥秩父・大洞川和名倉沢

2009年5月23日(土)~24日(日)
L関、佐藤、五十嵐、小池

2009/05/23-24 奥秩父:大洞川和名倉沢

5月23日(土)曇り時々晴
前夜は関さんの車で道の駅あらかわまで。翌朝、秩父湖を渡って大洞川の右岸の道路を走り、三峰観光道路がヘアピンで曲がるところに駐車。ゆっくり支度をしている間に雲の多かった空に晴れ間が広がってきた。 続きを読む 奥秩父・大洞川和名倉沢

奥秩父・釜ノ沢西俣

2009年5月2日~3日
L古川原、小南

2009/05/02 奥秩父・釜ノ沢西俣

GW裏合宿で組んだ釜ノ沢。いずれ行こうと思っていたが、こんなに早く、行く機会が巡ってくるとは思わなかった。天気にも恵まれ、今シーズン初めの沢(泊まりの沢)としては上々であった。
続きを読む 奥秩父・釜ノ沢西俣

奥秩父・丹波川火打石谷

2009年4月19日(日)
L五十嵐、松之舎、小池、望月、佐藤

2009/04/19 奥秩父:丹波川火打石谷

 火打石谷は流程が長いことから、前夜発で泉水谷のゲート前で泊る。翌朝は6時前に起きて余慶橋に向かった。丹波川本流が先週に引き続き水量が少なく、橋の脇から本流を滑瀞谷出合まで膝位の徒渉で行け、時間を節約できた。
続きを読む 奥秩父・丹波川火打石谷

丹沢・玉川南沢(確保技術訓練)

2009年3月29日
(担)大塚、五十嵐、増田、戸ヶ崎よ、松之舎、関、古川原、望月、小池、山本、稲葉

2009/03/29 丹沢:確保技術訓練

 例年、沢シーズンの始めに行う確保技術訓練。ここ数年の訓練で新人や中堅向けの基礎メニューはほぼ決まってきており、沢での滝登りを想定したロープワークを実践的に反復する訓練となっている。 続きを読む 丹沢・玉川南沢(確保技術訓練)

丹沢・四十八瀬川勘七ノ沢~小草平ノ沢下降

2009年3月28日(土)
L五十嵐、関、小池

2009/03/28 丹沢:四十八瀬川勘七ノ沢~小草平ノ沢下降

今年の沢初めは、確保技術訓練の前日に五十嵐さんと関さんが勘七ノ沢を計画されたので、自分の足慣らしにはちょっと難しいんじゃないかと思ったけれど、シーズン前半に行きたいと思っていた沢だったので参加させていただいた。
続きを読む 丹沢・四十八瀬川勘七ノ沢~小草平ノ沢下降

奥秩父・入川真ノ沢武信白岩沢

2008年9月7日〜8日
大塚

2008/09/07 奥秩父:入川真ノ沢武信白岩沢

奥利根方面の単独行を計画していたが、悪天候が予想されたため奥秩父に転進。8月中旬以降ずっと不安定な天候が続いているので、山行直前の場所変更はこれで3週連続。 続きを読む 奥秩父・入川真ノ沢武信白岩沢

奥多摩・南秋川小坂志川湯場ノ沢〜高尾山

2008年6月8日(日)曇
小池

2008/06/08 奥多摩:小坂志川湯場ノ沢~高尾山

朝起きたら今にも雨粒の落ちそうな空模様でいささか気が滅入ったが、とりあえず出かけてみることにした。重たい空の下、途中で少しでもアクシデントでもあれば引き返そうと思うものの、電車もバスも当然のことながら何事もなく動き、予定通りの時間に笹平に到着してしまうのである。
続きを読む 奥多摩・南秋川小坂志川湯場ノ沢〜高尾山

奥秩父・滝川古礼沢

2008年5月26日
大塚

2008/05/26 奥秩父:滝川古礼沢

豆焼橋から滝川左岸の道を行く。概ね良く踏まれたトラバース道で迷うところはない。顕著な尾根の1217m標高点の部分だけ5〜60m登りがある。そこから200m程沢筋をジグザグに降りると崩壊した釣橋小屋に着いた。
続きを読む 奥秩父・滝川古礼沢

奥多摩・日原川唐松谷

2008年4月20日
L関、小池、五十嵐

2008/04/20 奥多摩:日原川唐松谷

週間天気予報ではよい天気のはずが、週末が近づくにつれだんだんわるくなり、結局前日まで雨。大丈夫なのか?!という心配を胸に車で八丁橋まで入る。橋の先のゲートには金網が盗難にあったと看板がかかり、しっかりと鍵がかかっていた。日原林道自体は特に崩れたところはなく富田新道入口まで整備されていた。
続きを読む 奥多摩・日原川唐松谷

奥秩父・入川赤沢谷白泰沢

2008年4月20日〜21日
大塚

2008/04/20 奥秩父:入川赤沢谷白泰沢

早春の沢で焚き火を楽しもうと計画した赤沢谷。毎年当たり前のように訪れる春。一人で静かにその喜びを感じられれば場所はどこでも良い。
赤沢谷には森林軌道の跡が白泰沢出合まではっきりと残っていた。釣り師が歩いているようでしっかり踏まれた道になっている。前日までの雨の影響で沢は増水しているので軌道跡を歩き、白泰沢出合付近に泊る。この日も午後から雨となったが、夕方には雨がやみ月夜の晩となった。
続きを読む 奥秩父・入川赤沢谷白泰沢

丹沢・早戸川瀬戸ノ沢〜太礼ノ沢下降

2008年4月20日
L松之舎、増田、山本

朝JR橋本駅で拾ってもらい、山本さんの運転で早戸川を目指す。私にとっては、今シーズン初めての沢だ。
林道終点で準備をして出発。伝道の先の堰堤上から入渓。前日の雨で今日の早戸川は増水しており、ちょっとした渡渉も気を遣う。本流はゴーロの連続であまり面白くはない。
続きを読む 丹沢・早戸川瀬戸ノ沢〜太礼ノ沢下降

奥多摩・小川谷カロー川

2008年4月6日
L大塚、小池、山本、立田

2008/04/06 奥多摩:日原川カロー川谷

今シーズン初の沢登りにドキドキして、あまり寝付けないまま朝をむかえました。お天気も良く、不安は少しだけ減り、いざ、沢に向うべく活動開始です。奥多摩の駅到着後、タクシーにて日原鍾乳洞まで向う。 続きを読む 奥多摩・小川谷カロー川

奥多摩・日原川小川谷滝谷

2007年7月22日(日)
L大塚、五十嵐

2007/07/22 奥多摩:日原川滝谷

 新潟方面の天気が悪く、多少天気が悪くても行けるだろう夏の奥多摩山行となった。
 小川谷林道を広場まで入る。広場には3台車がすでに駐車していて、そのうち1台はバードウォッチングか何かの見張りのようで2人乗っていた。
  続きを読む 奥多摩・日原川小川谷滝谷

奥秩父・入川金山沢大荒川谷

2007年5月27日〜28日
大塚

2007/05/28 奥秩父:入川金山沢大荒川谷

5/27
 夜勤明けの単独行。重い体と寝ぼけた頭、気だるい気分で一人電車に揺られていると、このまま引き返して部屋でビールでも飲んでいようかと何度も考えてしまう。単独行は現地に着くまでが核心部。いつもの事だ。
続きを読む 奥秩父・入川金山沢大荒川谷

御坂・芦川横沢

2007年5月13日
L五十嵐、古川原

濁沢に続く芦川第2段。5月になったので多少水量多くても行けるだろうと思い、横沢を計画した。前回、横沢の出合は確認してあったのでスムーズに到着。「この時期にシャワーだなんて変?ですね。」とうれしそうに話す古川原くんを「え〜(・・シャワーは無しだよ・・)。沢はじめだから慎重に」と諭しながら出発。
続きを読む 御坂・芦川横沢

丹沢・早戸川カヤノ沢〜カチギ沢下降

2007年4月7日(土)
L佐藤、立田、五十嵐

2007/04/07 丹沢・早戸川カヤノ沢~カサギ沢下降

 橋本駅に集合し、車で早戸川国際マス釣場をめざす。早戸川はヒルの生息地のため、4月か11月がよい沢とのことなのだが、あいにく数日前に寒気が入り山が白い。行けるかな?行けるところまで行ってみようということになった。
続きを読む 丹沢・早戸川カヤノ沢〜カチギ沢下降

丹沢・中川川箱根屋沢

2006年9月17日(日)
L西、斉藤、五十嵐

 釜川の予定が天気が悪く中止になり、「それならば丹沢で行きたいところあればどこでも」という斎藤さんのありがたいお言葉に、滝は登れないけど沢には行きたいしでもごもごしている二人は見限られ、人工登攀もある箱根屋沢でしごかれることになった。
  続きを読む 丹沢・中川川箱根屋沢

奥秩父・滝川本流〜水晶谷〜雁坂小屋〜突出し尾根下降(途中で入川谷の中小屋沢出合を目指して尾根下降)〜入川本流〜金山沢大荒川谷〜破風山〜戸渡尾根下降〜笛吹川東沢本流〜東のナメ沢〜笛吹川東沢本流下降

2006年7月31日(月)〜8月5日(土)
L馬上(早大探検部)・五味渕・光永(早大探検部)

2006/08/03 奥秩父:継続遡行

■前置き
 8月下旬にマダガスカルの渓谷を遡行すべく、そのプレ合宿(ロープワーク、人工登攀、幕営技術、長期山行、5万図での読図力強化のトレーニング)として本合宿を行うことになった。 続きを読む 奥秩父・滝川本流〜水晶谷〜雁坂小屋〜突出し尾根下降(途中で入川谷の中小屋沢出合を目指して尾根下降)〜入川本流〜金山沢大荒川谷〜破風山〜戸渡尾根下降〜笛吹川東沢本流〜東のナメ沢〜笛吹川東沢本流下降