カテゴリー別アーカイブ: 01.東北の沢

安達太良・石筵川

2009年8月23日(日)
L関、増田、山本、小池

2009/08/23 安達太良:石筵川

8月23日(日)曇
母成グリーンライン沿いの駐車場で支度をする。曇って肌寒い。道路を越えて銚子ヶ滝の看板のあるところから一登りするとまた車道に出、左手にしばらく行くと銚子ヶ滝入口の看板があり緩やかな山道に入る。やぶ蚊に悩まされながら歩いて行くと分岐があり、右へ進むとすぐに滝に下りる道を分ける。そのまま進んで沢に登山道が下りるところから入渓した。
続きを読む 安達太良・石筵川

安達太良・湯川三階滝〜霧降滝

2008年11月9日
L佐藤、松之舎

2008/11/09 安達太良:湯川

 岳の湯をチェックアウトして二本松塩沢スキー場の駐車場へ。ここで準備をして登山道を歩き始める。途中、「ウダイカンバ」という樹木の解説看板がある。シラカンバ、ダケカンバと同じカバノキ科で、漢字で鵜松明樺。 続きを読む 安達太良・湯川三階滝〜霧降滝

毒ヶ森山塊・豊沢川桂沢小空滝沢・出羽沢大ヘンジョウ沢(途中まで)

2008年11月1日〜3日
L長南、佐藤、増田、松之舎、小池

2008/11/01 毒ヶ森山塊:豊沢川桂沢小空滝沢

 「湯治場から行く日帰り沢登り」。今回は鉛温泉である。宮沢賢治の『なめとこやまの熊』の舞台である、毒ヶ森山塊の沢へ「なめこやま」と「滑床」を求めての山行だ。はじめての山塊なので記録のある、大ヘンジョウ沢、松倉沢、大滝沢、小滝沢を計画した。
続きを読む 毒ヶ森山塊・豊沢川桂沢小空滝沢・出羽沢大ヘンジョウ沢(途中まで)

会越・霧来沢前ヶ岳南壁右スラブ

2008年10月26日
L佐藤、大塚

2008/10/25 会越:霧来沢鞍掛沢右俣・前ヶ岳南壁右スラブ

 鞍掛沢の出合から御神楽岳登山道を行き、二本目の沢筋から本流に降りる。二俣を右に入り沢が右曲すると行く手に南壁が見えるようになる。ここから南壁を見ると、一番目立つのは真ん中にあるV字スラブだ。 続きを読む 会越・霧来沢前ヶ岳南壁右スラブ

二口・名取川穴戸沢〜大行沢樋ノ沢下降〜大行沢カサギ沢

2008年9月27日(土)〜28日(日)
L佐藤、古川原、小池

最初の計画は巻機・奈良沢川ブサノ裏沢だったが、天気が悪そうなので二口に転戦することになった。大東岳に突き上げる鹿打沢の予定は、穴戸沢本流に変更。寒さと薄暗い曇天に、二口の美しいブナ林もくすんでしまったのは残念だったが、2日目の北石橋ツァーが、短いながらも山椒のようにピリリと効いた楽しい山行になった。

2008/09/27 二口:穴戸沢~樋ノ沢~カケス沢

続きを読む 二口・名取川穴戸沢〜大行沢樋ノ沢下降〜大行沢カサギ沢