「01.東北の沢」カテゴリーアーカイブ

栗子・摺上川烏川滑谷沢

2004年9月25日(土)〜26日(日)
L長南・佐藤・関・古川

2004/09/25 栗子:摺上川

山形県と福島県の県境に栗子山はある。標高は1200mそこそこだが、地形図を見る限りその東面は広範囲の広葉樹林に覆われている。その中を摺上川の支流烏川が流れているわけだが、この摺上川はナメで有名な沢に8年ほど前に訪れたことがあり、今回は一大支流の烏川の源頭部の広葉樹林帯を見たくてゆっくりと入ってみることにした。 続きを読む 栗子・摺上川烏川滑谷沢

焼石・尿前川本沢

2003年10月11日(土)〜13日(月)
L戸ヶ崎よ、戸ヶ崎ま、古川原

秋の集中である。今年はきのこの育ちが悪いと聞いているが、それでも焼石までいけば幾許かは有る筈であろうと楽しさに心浮かれる。そんな心持でバスにて眠り、朝6時前に水沢で降りた。 続きを読む 焼石・尿前川本沢

焼石・夏油川枯松沢〜胆沢川尿前沢〜夏油川本流下降

2003年10月11日(土)〜10月13日(月)
L佐藤、五十嵐、関、大塚

2003/10/11 焼石:枯松-尿前

10月11日
夏油温泉先から石灰華への道を行き夏油川本流に降りる。堰提を3つ程越えると枯松沢出合。
枯松沢はいきなりゴルジュで始まる。出合から長さ約100m、川幅は最も狭い部分で約1m。ゴルジュ内に大きな滝は無いので夏なら水につかって行きたい所だが、この時期に朝から水に入る気にはなれない。 続きを読む 焼石・夏油川枯松沢〜胆沢川尿前沢〜夏油川本流下降

焼石:胆沢川小岩沢〜南本内川

2003年10月11日(土)〜13日(月)
L長南・増田・阿部

2003/10/11 焼石:小岩沢

今年の10月の月例山行は、中止になった9月の月例山行の焼石がそのままスライドした。紅葉にはちょうどよいが水に浸かるにはちと辛い、そんな季節だが紅葉の焼石にはまだ行ったことがなかったので期待が高まる。 続きを読む 焼石:胆沢川小岩沢〜南本内川

栗駒・産女川

2003年10月4日(土)〜5日(日)
L長南、関、阿部、中村、古川原

2003/10/04 栗駒:産女川

自分の都合で集合は池袋に夜10時半。一ノ関までの長い道のりを思いながら車内にのりこむ。宇都宮、那須、郡山、仙台を過ぎ、一ノ関インターを降りてしばらく行った道の駅についたのは午前3時。皆お疲れである。
続きを読む 栗駒・産女川

二口・大行沢〜カケス沢右俣

2003年10月4日 (土) 〜5日 (日)
L佐藤・西・松之舎

2003/10/04 二口:大行沢-カケス

増田さんが参加できなくなり、体力的・時間的にハードな巻機から急遽変更し、一路仙台へ向かう。途中にロスタイムがあったり、10年ぶりに運転してもらったりなどで、大行橋には3時頃到着。軽く入山祝いをし、4時過ぎに仮眠する。
続きを読む 二口・大行沢〜カケス沢右俣

安達太良・阿武隈川杉田川

2003年9月23日(火)
L長南、佐藤、木村、中村、関

2003/09/23 安達太良:杉田川

前夜発で安達太良温泉の先の林道終点まで行く。林道終点には駐車場があり、そこにテントを張った。佐藤さんがおつまみにと、餃子やウインナーを焼いたので、前夜発が初めての中村さんは、さぞ驚いた事だろう。空は満点の星、山の端からはオリオン座がのぼってくるところで、もう冬だなぁ(!?)と思った。
続きを読む 安達太良・阿武隈川杉田川

南会津・檜枝岐川上ノ沢〜大津岐川大沢岐沢下降

2003年9月14日(土)〜15日(日)
L増田、戸ヶ崎洋、戸ヶ崎真、関

前夜、21時過ぎに蓮田を出た戸ヶ崎号が、西那須野ICを降り、塩原温泉を通過し、横川集落のはずれにある「ホテル男鹿高原」へ到着したのは0時ごろだった。ささやかに飲んでから就寝。 続きを読む 南会津・檜枝岐川上ノ沢〜大津岐川大沢岐沢下降

蔵王・北川小屋の沢

2003年8月30日〜31日
L長南・佐藤

2003/08/30 蔵王:小屋ノ沢

前夜、笹谷ICで山形道を降り林道の途中まで入り仮眠をとる。
早朝から釣師の車が何台か入ってくる。空は今ひとつすっきりしない。まだ8月の終わりだというのに秋の気配が強く漂っている。林道を車で魚止橋まで向かうが2kmほど手前で落石で通行不能。無理に入っている車もいるようだが無理せずに身支度をして歩き始める。
続きを読む 蔵王・北川小屋の沢

朝日・根子川入ソウカ沢(敗退!)

2003年8月30日(土)〜9月1日(日)
L西、大塚

2003/08/30 朝日:根子川

一、8月30日曇り時々晴れ
西川BTからタクシーで日暮沢小屋へ(¥9970也)。遡行の準備をして出発する。(9:20)
入渓は9:55頃だった。連日の雨で水量は少し多めに感じる。にごりも少しあるようだった。赤倉沢まではいくつか小さく巻いたところが在ったが特に問題はない。 続きを読む 朝日・根子川入ソウカ沢(敗退!)

朝日・三面川末沢川

2003年8月13日(水)〜17日(日)
L増田、長南、大塚、関

2003/08/13 朝日:末沢川

末沢川を遡行し、岩井又の畑沢に下降して一昨年の雪辱を果たそうと目論んだのだが、時間切れで末沢川のみとなった。しかし末沢川は噂にたがわぬ美渓で、充実した山行ができた。
続きを読む 朝日・三面川末沢川

虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降

2003年7月20日(日)〜7月21日(月)
L長南、増田、松之舎

2003/07/18 虎毛:保呂内沢

当初計画は保呂内沢西ノ股沢から春川三滝へ下り、春川西ノ又沢から坪毛沢とつなぐ予定であったが、初日雨で停滞を決め込んだため、その計画はあえなくボツ。しかし、主目的であった保呂内沢を西ノ股〜本流と踏破することができ、意味のある山行ができたと思う。
続きを読む 虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降

虎毛・虎毛沢左俣〜春川西俣沢下降

2003年7月19日(土)〜21日(月)
L佐藤、古河原、関、望月

2003/07/19 虎毛:虎毛-春川

前夜、21時に池袋に集合し、車に乗り込んだ。雨が降っている。予報では、東北地方は土日も雨で、いまいち士気が高まらない。長い道のりを、3人で運転を交代しながらひたすら北上し、古川ICを降りて道の駅に到着したのは日付が変わった午前2時過ぎである。 続きを読む 虎毛・虎毛沢左俣〜春川西俣沢下降

二口・名取川二口鳴虫沢

2003年7月13日(日)
L佐藤、大塚、五十嵐

2003/07/13 二口:鳴虫沢

本来は奥秩父の小常木谷の予定だったのだがどうもあやしい天気だったので、どこかに変更しようということになり、承認をもらっている山行がピックアップされた。その中で「晴れる可能性があるのは?」ということで、大いなる気の迷いから二口になった。 続きを読む 二口・名取川二口鳴虫沢

和賀・玉川堀内沢八滝沢

2002年10月12日(土)〜10月14日(月)
L長南、関、増田

2002/10/12 和賀:八瀧沢

今年の秋の集中は担当のマッチャンの達ての希望で和賀となった。私にとっては二度目。前回は北の羽後朝日岳を中心としたが、今回は南の和賀岳を中心とした沢となった。この時期、楽しみはきのこと紅葉だ。 続きを読む 和賀・玉川堀内沢八滝沢

和賀・堀内川辰巳又沢

2002年10月12日(土)〜14日(月)
L佐藤、五十嵐、古川原

2002/10/12 和賀:辰巳又沢

朝、目が覚めるとバスは確かに自分を違う世界へと連れてきていた。空気は白く霞み、ほのかに森の木々の香りを含んでいた。おそらくは、これから自分の向かう、和賀の山々から降りてきた空気なのだろうと思い、朝のまどろみの時間にその東北特有の香りだけを頼りにこれから自分は起きようとしていることを理解していた。 続きを読む 和賀・堀内川辰巳又沢

和賀・和賀川赤沢〜本流下降〜大鷲倉沢

2002年10月12日(土)〜14日(月)
L松之舎、戸ヶ崎、望月

2002/10/12 和賀:大鷲倉沢

和賀川の支流、大鷲倉沢を遡行するには、高下口登山道の和賀川渡渉点から本流を下降し大鷲倉沢の出合に至る方法が一般的であろうが、我等はそうしなかった。
続きを読む 和賀・和賀川赤沢〜本流下降〜大鷲倉沢

栗駒・産女川

2002年10月5日(土)〜10月6日(日)
L西、松之舎、増田

2002/10/05 栗駒:産女川

紅葉のナメ沢を歩いてみたくて、西さんの誘いに衝動乗りしてしまったのだが、好天に恵まれ期待どおりの山行ができた。今記録を書くために地形図を広げ遡行図を清書していると、改めてナメと紅葉と青空のコントラストが目に浮かんでくる。
続きを読む 栗駒・産女川

南会津・安越又川道行沢〜黒谷川上梯子沢下降〜東実沢〜袖川右岸支枝下降〜御神楽沢

2002年9月21日〜23日
L長南・佐藤

2002/09/21 南会津:安越又川-御神楽沢

秋になるとゆったりとした沢旅をしたくなる。なにもなくても良いから木々が美しい山に入りたくなり、南会津の地形図を引っぱりだし線を引いてみた。 続きを読む 南会津・安越又川道行沢〜黒谷川上梯子沢下降〜東実沢〜袖川右岸支枝下降〜御神楽沢

虎毛・役内川潰沢三滝沢〜虎毛沢赤湯又下降

2002年9月14日(金)〜16日(月)
L戸ヶ崎洋市・戸ヶ崎真理子・関・越山

13日午後10時蓮田発、ぐずつく夜空の下、東北道古川経由国道108号沿いのコンビニで池袋発組に追いつき道の駅で仮眠、翌朝鳴子・鬼首を越えて役内川沿いに潰沢橋から湯ノ又林道へ。 続きを読む 虎毛・役内川潰沢三滝沢〜虎毛沢赤湯又下降

虎毛・皆瀬川支流春川ダイレクトクロアール

2002年9月14日(土)〜16日(月)
L長南・増田・松之舎・佐藤

2002/09/14 虎毛:春川ダイレクトクーロワール

虎毛山塊では、かつて虎毛沢を遡ったが、その他で長い藪こぎが無く、山頂に直接突き上げているとのこと、しかもダイレクトクロアールという名前に惹かれて、以前から行ってみたい沢の一つだった。今年、7月に計画が流れ、今回ついに実現した。
続きを読む 虎毛・皆瀬川支流春川ダイレクトクロアール

二王子・内の倉川七滝沢

2002年8月31日〜9月1日
L長南・佐藤・西・松之舎・関

2002/08/31 飯豊:七滝沢

合宿も終わったことだし、ちょっと行ったことのない山域に行きたくなって計画してみたところ、青春18切符の消化なのか、帰りの新潟宴会に釣られたのか、5名のパーティーになった。 続きを読む 二王子・内の倉川七滝沢

朝日・日暮沢小屋(停滞)

2002年8月11日(日)〜14日(水)
L西、増田、大塚、松之舎、関

根子川入りソウカ沢に入る予定であったが、結局悪天でずっと日暮沢小屋で停滞することとなった。
そのため大して報告することもないのだが、賑やかしのために少しボリュームを膨らませて書くこととする。
続きを読む 朝日・日暮沢小屋(停滞)

朝日・三面川岩井又沢畑沢

2002年8月10日〜8月13日
L佐藤 長南 古川原 望月

2002/08/10 朝日:岩井又沢畑沢

8月10日 晴れ
村上駅前からタクシーで奥三面ダムへ向かい、林道の終点で下車。朝から暑い。そこにすでに停まっていた3台の車の脇で、3人のパーティーが入渓準備をしていた。話によれば、岩井俣に先行パーティーが入っていったという。彼ら自身は岩井又よりも上流の竹の沢に入るそうだった。 続きを読む 朝日・三面川岩井又沢畑沢

安達太良・石筵川

2002年7月27日(土)〜28日(日)
L戸ヶ崎ヨ・長南・戸ヶ崎マ

2002/07/27 安達太良:石筵川

戸ヶ崎ヨにとっては、この沢は3回目となる。そんなにいーかと聞かれればそれほどでもと答える。山スキーで膝をひねって1年余り。回復とは程遠い状況の中で、傷をいたわりながら勝手知ったるなめなめの沢に涼を求めて。 続きを読む 安達太良・石筵川